わずか1分間指を揉み続けるだけで体に良い変化が起きるかも!?

ライフスタイル

あなたは『仁神術』ってご存知でしょうか?

仁神術とは、創始者である村井次郎医師によって発案されたセルフヒーリング法で、26の気穴と呼ばれるツボを押すだけでできるシンプルな療法です。

例えば1分間指を握るだけで健康状態が良くなるということがアメリカで大きく受け、認知度を増していきました。

それでは早速、1分間指を揉み続けると、体にどんな変化をもたらすのかを紹介します。

『親指』

img_1
親指をマッサージすると、腹痛や脾臓、頭痛、虚弱体質、さらにはお肌の健康にまで効果があるようです。その他にも神経過敏や不安、鬱にも効くと言われています。

『人差し指』

2
腎臓や膀胱、こむら返り、背中の痛みや消化器官の問題にも効果があると言われています。恐怖や心配、心細さなどの感情を和らげることもできるのだとか。

『中指』

3
肝臓や心臓の健康効果や頭痛や月経痛を和らげる鎮痛効果、神経を正常化する効果も見込めます。その他にも不安を和らげる効果や、怒りをなだめることもできるのだそうです。

『薬指』

4
肺、消化器官、呼吸を整える効果も見込めます。ストレス性の耳鳴りを解消する効果もあるそうです。

『小指』

5
喉の痛みや膨満感を抑制し、心臓、骨などの健康にもいいそうです。その他には緊張や不安、孤独感を和らげる効果もあるようなので、気を紛らわしたいときには小指を触るようにするといいのかもしれません。

いかがでしたか?

個人差はあると思いますが、たったの1分間指を揉むだけで、このようにあらゆる健康状態を緩和することができるようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

クイ〜ズライター

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事