毎日頑張ってお疲れのママ。「自分時間」で体と心の休息を!

妊娠

ママは24時間年中無休。
寝ても起きてもずっと子どもと一緒。
子育てのほかにも、掃除や洗濯、料理などの家事もしなくてはいけません。
やることが山のようにあって、1日24時間じゃ足りないくらい。
でも、24時間以上あったら疲れすぎて倒れちゃうかも・・・。
泣いている子どもと疲れているママ
出典:https://192abc.com/

子育て中のママは、ゆっくり休む暇もありません。
休日だって逆に大忙しだったり・・・。
でも、休みがないと、肉体的にも精神的にも疲労がたまってしまい、
余裕がなくなってしまいます。

忙しい子育て中だからこそ、「自分時間」を持って、
心と体の休息をとりましょう。

第1チャンス!!お昼寝の時間

子どものお昼寝 犬と一緒
出典:http://petfun.jp/

子どもがお昼寝をしている時間は、「自分時間」を持てるチャンスです。
子どもが寝ている間に家事などをやっちゃおう!というのもわかりますが、
このチャンスを逃すのはもったいないかも!

・一緒に寝ちゃう!

ゆっくりと寝るママ
出典:http://atama-bijin.jp/

夜泣きで寝不足というママも多いと思います。
寝不足は疲れも取れないし、
疲れていると心の余裕もなくなります。
子どもが寝た時には一緒に寝ちゃうのも、
上手な「自分時間」の使い方です。

一緒に寝ちゃうのなんてもったいない!!
なんて思うかもしれませんが、お昼寝をすることで、午前中の疲れを回復できるといいます。
夕方になると疲れがたまってなんだかぐったりしてきませんか?
お昼寝をすると、通常の睡眠の3倍の回復力があるといわれています。
ちょっとのお昼寝でもすることで、
その後の元気が全然違いますよ。

眠らなくても横になって静かに目を閉じているだけでもすっきりします。

・ゆっくりと自分の御褒美♡

お家でスイーツ コーヒー
出典:http://news.goo.ne.jp/

子どもと一緒だと、ゆっくりとおいしいものも食べられませんよね。
食べたとしても、バタバタしながら急いでかきこんじゃうので、
どこに入ったのかわからなくなるものです。
あったかいコーヒーも、気が付いたら醒めていることも多いはず。

ですから、子どもが寝ているその間に、
おいしいスイーツでもいかがですか?
温かいコーヒーなどをゆっくり飲むだけでも、
贅沢な時間の気がして、ほっと一息つけるはずです。

甘いものは脳のエネルギー源。
食べることで、頭がすっきりとするようです。
気持ちを落ち着けてくれる効果もあります。

食べ過ぎはダイエットの敵ですが、
たまにご褒美として、おいしいスイーツを食べるのもいいですよね♡

第2チャンス!!子どもが寝た後

子どもが寝た後
出典:http://comolib.com/

夜、子どもが寝た後も「自分時間」をもつチャンス!!

・自分の好きなドラマや映画を見る

自宅で映画を見る女性

出典:http://mery.jp/

子どもといると、自分の好きなテレビを見る時間もありませんよね。
子どもが寝た後に、ゆっくりと自分が好きなドラマや映画を見ましょう。

ドラマや映画の世界にはまることで、
日常を忘れることができ、ストレスの解消になるようです。

感動的なドラマや映画を見て泣くことも、
今流行りの「涙活」で、気持ちをすっきりさせてくれますよ。

ただ、寝不足は疲れを溜めてしまうので、夜更かしはほどほどに♡

・マッサージやアロマなどを楽しむ

アロマオイルとお花
出典:http://free-fortune.jp/

子どもと一緒だと、ゆっくりできないマッサージやアロマ。
「自分時間」にゆっくりと楽しみましょう。

あれもしなきゃこれもしなきゃ!と焦っていることも多いと思いますが。
この時間はゆっくりとリラックスしたいですね。

お風呂にゆっくりとつかるのもいいですよね。
子どもと一緒だと、ゆっくり肩までお湯につかることもできなかったり、
体を洗うのも慌てて洗わなくてはいけなかったり・・・。
お風呂上りも、裸で子どもの着替えをしているうちに、
体がすっかり冷えてしまうなんてママも多いのではないでしょうか?
子どもが寝ている間にゆっくりと体を温めましょう。

・子どもと一緒に寝ちゃうのもアリ!

子どもと一緒に寝るママ
出典:http://tooopen.com/

子どもを寝かしつけている間に一緒に寝ちゃうってことありますよね。
「あー!また寝ちゃったー!!」って思いますが、
子どもと一緒に寝ちゃうのもアリです!
寝ちゃうってことは疲れがたまっているということ。
たっぷり睡眠を取ることで疲れも取れて心も体もスッキリ!!

第3チャンス!!子どもよりもちょっと早起きしてみる

コーヒー飲む[1]
出典:http://sukkirisuru.com/

夜はどうしても子どもと一緒に寝てしまう・・・。
そんなママにおすすめなのが、早起きして作る「自分時間」。

朝の澄んだ空気の中で、ゆっくりと新聞を読んだり、
お茶やコーヒーを飲むのもおすすめ。
最近は白湯を飲むのが流行っているようですよ。

ゆったりとコーヒーを飲む女性
出典:http://kabegami.org/

忙しい子育て中。
ちょっとの時間も大切に!!

疲れてるとちょっとしたことでもイライラしてしまい、
子どもにあたってしまうことも・・・。

「自分時間」をもって、心にも体にも余裕を持ったママでいたいですね。

子どもがたっぷりお昼寝をしてくれない。
夜泣きがひどいなど、なかなか「自分時間」を持てない場合もあるかもしれません。
そんなときは1人だけで無理せずに、
周りにもSOSを出しましょう。

たまには家族に助けてもらって、「自分時間」を持つことも悪いことではありません。

ママだって人間。
疲れたりイライラしたりします。
がんばり過ぎず、上手にリフレッシュをして、
もっと自分をいたわってあげてくださいね♡

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事