結婚したいのに彼が・・彼の背中を押すひとこと5選

恋愛

彼とはラブラブで至って順調。そろそろ結婚したいって思っているのに、なかなかプロポーズしてくれないし、結婚の話をさりげなく切り出してみてもなんだか煮え切らない態度を取られる…。そんな状況を打破したくありませんか?
e0161495_13332081
出典:http://marimonron.exblog.jp
気がつけば今年も半分は過ぎ去ってしまったし、残りの半年でなんとか年内プロポーズに持っていきたいところ。

そこで今回は、このような境遇から一気にゴールインまで至った女性陣に「結婚するために彼の背中を押すひとこと」について伺いました。

「一緒にいると安心する」

「おうちデートでまったりしている時にさり気なく『一緒にいると安心する』とつぶやいたら、この先もずっと一緒にいよう!といきなりのプロポーズ。なんだか自然な流れのプロポーズに今まで悩んでたことが嘘みたいでした」(28歳・薬剤師)

結婚できる相手かどうかの基準はなんといっても“安心感”。どれだけドキドキして胸を焦がすような相手でも結婚となると話は別。

一緒にいてどこかホッとするような安心感はマストの条件ですよね。それは男性も同じなのです。

「家族になったら楽しいだろうな」

「彼とのデート中、家族で仲睦まじくショッピングを楽しむファミリーを見て『◯◯くんと家族になったら楽しいだろうなぁ』と漏らしたら『そうだね』と今までにないほど優しい笑顔を浮かべる彼。間近に迫っていた私の誕生日に『◯◯とだったら家族になれる姿が想像できたんだよね』とまさかのプロポーズ。なんとなく今年の誕生日はないだろうなぁと思っていたので、きっとあの一言が効いたんだなって思ってます」(25歳・アパレル店員)

結婚は二人だけのことではなく他人同士が家族になるという人生のターニングポイント。そんな姿を想像できればゴールインはすぐそこです。

「頼ってくれていいんだよ」

「同棲していた彼が仕事でトラブルが続き不機嫌モードのある日、一緒にベッドに入って直ぐさま背を向けて寝ようとした彼に、『たまには頼ってくれていいんだよ』と後ろからギュッとしたら『ありがとう』と涙。翌日、『素直になれたのは◯◯が初めてだよ』と、突然のプロポーズ。ビックリしたけど昨日の出来事で心の距離がギュッと縮まったんだなって思いました」(32歳・事務)

プライドが高くなかなか素直になれないのが男心。過剰に干渉したりするのではなくそっと寄り添う彼女の優しさが彼の心に響いたに違いありません。

「ずっと一緒にいても飽きない」

「いつも他愛もない話をしてふざけあっている彼に『◯◯とならずっと一緒にいても飽きない!』と冗談ぽく言ったら、彼が真顔で『今、俺もまったく同じこと考えてた』と一言。これまで結婚の話なんて一度もしてこなかった彼が『結婚したい、いつする?』と前のめりに。そんな些細な一言で?と驚いてます」(27歳・美容師)

この人とならずっと一緒に居れる…そんな瞬間を自分から声に出すことで、確かにこのままやっていけるかも…と彼を洗脳してしまう作戦も効果的。

「結婚してくれないとほかに行っちゃうかも」

「何度か結婚話を切り出しているのに、はぐらかしてまともに取り合ってくれない彼。いい加減に嫌気が差して『結婚してくれないとほかに行っちゃうかも』とほのめかしたら焦ったのか、翌日から態度が急変。そのあとすぐにプロポーズされました」(35歳・フリーター)

一度慣れ合いの関係になると、なかなか結婚まで踏み出せない男性も多いよう。こんな状況には、荒業ではありますが危機感を煽るのも時には有効かもしれません。

いかがでしたか?

この先もずっと一緒にいたいと思っているのは私だけなの?って不安になればなるほどギクシャクしてしまうもの。

しかし、自分でも思いもよらない一言が、彼の結婚熱に火をつけてしまうこともあります!

上記の成功例を参考に、彼との大切な時間を心の底から楽しむことが、ゴールインへの近道になりそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

クイ〜ズライター

こんな記事も読まれています

恋愛」カテゴリの人気記事