「元カレ」って言葉を広めたのはとんねるず?芸人が世に広めた言葉たち・6選

エンタメ

「神ってる」
まだまだ記憶に新しい2016年の流行語大賞受賞の言葉です。

しかし、そういう盛り上がりの流行とは別に、本当に私たちの生活に溶け込んでしまった言葉がたくさんあります。
しかも、その多くがお笑い芸人から生まれたものが多いって知っていましたか?

「最初はグー」

出典:https://ssl-stat.amebame.com

ご存知「志村けん」さんですね。
今では多くの方がやっているであろう「ジャンケン」の出だしのフレーズです。

元々はドリフターズに所属していた頃、みんなで行った飲み会の代金を誰が払うかをジャンケンで決めようとしたことがあったそうです。
その飲み会に参加した有名人は数多く、ジャンケンでもなかなか決まらない。
それどころか、ジャンケンの仕切り直しすらうまく行かなかったため、志村けんさんが「最初はグーでそろえましょう」と提案したのが始まりだとか。

地方にも寄りますが、「最初はグー」の続きがあるって知っていますか?
ちなみに、私の地元では正式にはこんな言い方がありました。

最初はグー、またまたグー、いかりやチョーすけ、あたまがパー、正義は勝つ、ジャンケンポン!

カタカナが「グー、チョキ、パー」の手なのですが、子供ながら「何で”いかりや長介”が出てくるんだろう」って思っていました。
志村けんさんが発案者だから、いかりや長介さんが入っていたんですね。

「元カレ・元カノ」

出典:http://articleimage.nicoblomaga.jp

今では当たり前になった「元カレ・元カノ」
とんねるずを代表するカップル誕生お見合い番組「ねる様の踏み絵」で生まれた言葉だそうです。
ちなみに同系列の「ねるとん紅鯨団」という番組では、男女が2人だけの状態になることを表す「ツーショット」という言葉も生まれたと言われています。

「ドン引き」

出典:http://i2.wp.com

今ではお笑い芸人というよりも、コメンテーターとしての印象が強い土田さんですが、少し前はひな壇芸人としていろいろな番組に引っ張りだこでした。
そんな時に、スタジオを一気に白けさせる状態を、カメラマンが引きの映像を撮る状態に見立てて使った言葉が「ドン引き」だったと言われています。

「ネクラ」

出典:http://goeche.asablo.jp

見た目はそうでもないけど、実は暗い性格をしている人のことを「ネクラ」と言います。
実はタモリさん自信が「ネクラ」なんだそうです。
ある番組で「私、根は暗いんです」と発言したことがきっかけだと言われています。

「エッチ」

出典:http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

SEXすることを「エッチする」って言いますよね。
元々、いやらしいことを「エッチ」と表現することはあったようです。
男の子が女の子のスカートをめくる・・・「もうエッチ!」
これは昔からあったみたいですね。

しかし、「SEX=エッチ」を浸透させたのは、明石家さんまさんなんだそうです。
TVで「SEX」という言葉がストレートすぎるので、オブラートに包もうとした結果が「エッチ」だったんだとか。

「バツイチ」

離婚経験がある人のことを指す言葉です。
というよりも、また明石家さんまさんですよ・・・この人スゴイですね・・・

明石家さんまさんが離婚した時、戸籍上、元奥さんの名前に☓が付いていたのだそうです。
そこで、TVに出る時に額に大きく「☓」を書いて出演し「☓が付きました」と発言したことが始まりだと言われています。

いかがでしたか?
お笑い芸人さんの言葉はセンスがいいですね。

「3年前の流行語は?」と聞かれてもなかなか即答できませんが、今回ご紹介した言葉はすぐに思い当たるのではないでしょうか。
流行語だとか、そういう評価がなくても日本中に浸透しているなんてスゴイとしか言いようがありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事