まるでアニメの世界!?6ヶ月間ダンクの特訓をした173㎝の少年の勇姿を見よ!

エンタメ

バスケットボールのプレイの中で、最も観客が興奮するといっても過言ではない「ダンクシュート」
NBAではダンクコンテストも開かれるくらい、憧れのプレイでもあります。
出典:http://blogs.c.yimg.jp

ただ、誰でもできるわけではありませんよね。
ではどんな人ならダンクシュートができると思いますか?

ダンクをするための条件

出典:http://ttoba.org

公式データとして、フロアからバスケットゴールリングまでの高さは「305㎝」となっています。
また、バスケットボールそのものの大きさは、一般男子が使用するものだと「直径24.5㎝」となっています。
単純な計算で、ボールがリングの上になければ入りませんから、ざっと「ボールを持って約330㎝」に到達しなければダンクシュートは成立しません。

例えば、日本人成人男性の平均身長は「167.3㎝」、日本人男性の平均垂直跳びは「55~65㎝」だと言われています。
これを足してみると「約230㎝」です。
もちろん、成人男性の垂直跳び記録はありませんし、実際にダンクシュートをする時にはスピードも乗っていますから単純比較はできませんが、標準体型の日本人男性ではダンクシュートなんて夢のまた夢なわけです。

ダンクに憧れる少年

uploaded出典:https://www.youtube.com

彼もまたダンクシュートに憧れるアメリカの少年です。
彼の身長は173㎝、ごくごく標準的な体格です。

「これでダンクは無理でしょ!」
そう思ったあなた!その通りです!
一応ダンクシュートをやってみたものの掠ることすらなかったそうです。

特訓4週間後

uploaded出典:https://www.youtube.com

たった4週間で?嘘でしょ?
いいえ、嘘ではありません。嘘ではありませんが、壁に白線が引かれているのが分かりますか?

これはゴールをそのまま下げているんですね。
そしてダンクシュートの感覚を養うという作戦です。

特訓8週間後

uploaded出典:https://www.youtube.com

さらに4週間が経ち、明らかにジャンプ力が付いてきています。
相変わらずゴールは下げたままですが、完全に手がリングの上に出ています。

特訓12週間後

uploaded出典:https://www.youtube.com

友人にパス出しをしてもらってダンクシュートにチャレンジです。
ただ、実際にやるとなかなか難しいようですね。
本番ではタイミングも重要なので、身長やジャンプ力だけあってもダンクシュートはうまくいかないみたいですね。

特訓15週間後

uploaded出典:https://www.youtube.com

ボールをつかむことも重要なので、ボールを小さくしてチャレンジです。
何かとてもいい感じですね。

特訓19週間後

無題出典::https://www.youtube.com

そしてついにボールも正規の大きさに戻して特訓再開です。
ここまで約5ヶ月が経過しています。
それでも諦めずに努力をし続けているのです。

ついに6ヶ月が経過

特訓もいよいよ大詰め。
彼の勇姿をご覧ください。

他にもこんな少年がいた!

身長が低いのにダンクシュートを成功させてしまうこの衝撃動画は、多くの反響を呼んだそうです。
しかし、他にもこんな驚きの少年がいました。

この少年の身長は「167㎝」、バスケットゴールのリングは「305㎝」
彼らは一体何㎝跳んでいるんでしょう・・・

いかがでしたか?
人間努力をすれば報われることがこんな形でも証明されましたね。
それにしても、2人ともかっこいい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事