専門家が語る!短期間で体重を落とすための5つの秘訣とは?

ライフスタイル

デモjh
出典:http://favim.com

「ダイエットをしたい…」と思っても、なかなか体重が落ちないし、体も引き締まってこない…そんなお悩みを抱える人は多いものです。食事を制限しようと思った日に限って、誰かからの甘いお誘いが…働く女性のために
短期間で無理をせずに体重を落とす秘訣
が紹介されていました。

1.グルテンフリーダイエットをする!

グルテンとは、小麦、大麦、ライ麦などの穀物類から摂取できるタンパク質の一種です。タンパク質は体に必要な栄養素ではあるものの、摂取し過ぎると、脂肪を蓄積させるホルモンである「インスリン」が分泌されすぎるのだとか。最近大流行のグルテンフリーダイエットは、この原因に着目したものです。

2.フルーツの摂り過ぎには要注意!

デモ57403acb33e3af652f3776fe0e76ae3d.dat
出典:http://favim.com

フルーツからビタミンや食物繊維を摂取することは大切です。とくにダイエット期間は「ヘルシーだし、ビタミンたっぷりだから」という理由で、フルーツばかりを食べる人も多いでしょうが、注意が必要です。実は「果糖
は体内のレプチンを作り、体重増加につながる恐れがありますので、とくにベリー類は一日にコップ一杯までに抑えましょう。

3.野菜の炭水化物にも要注意!

葉物野菜はカロリーが低く、しかも食物繊維が豊富であることから、ダイエットをする期間はとくに集中的に摂取するのが良いです。しかし、ジャガイモなどの芋類には炭水化物(でんぷん)が多く含まれ、これは糖質を摂取していることになります。“野菜”と一括りにはせずに、栄養素にも着目して適切な野菜を選びましょう。

4.最低でも7時間睡眠を!

デモgfuf
出典:http://favim.com

実は睡眠時間にもカロリーを消費しています。睡眠時間を削ってしまうことで、上手に脂肪燃焼がなされず、せっかく節制した食事の効果も意味がなくなります。ダイエット期間はむしろいつもより長い睡眠時間を確保して、しっかりと熟睡しましょう。

5.ストレスを感じたらすぐにリフレッシュを!

5年間で5,000人以上を研究した結果、ストレスと体重増加には強い関係性があることが分かりました。心身ともにストレスを感じてしまうと、過食気味になったり、睡眠の質が悪くなったり、便秘になるなど、体重を増やしてしまう原因となることがたくさんあります。ストレスを感じたら、すぐに運動をしたり、ストレッチをしたり、マッサージやエステに行くなどをして、溜め込まないようにしましょう。

他にも「満足感を得てから、ゆっくりと食事をすること」や、「短時間で効果的な運動をすること」などの秘訣が紹介されています。ダイエットをしたいのに、なかなか効果が現れないとお悩みの方は、ぜひ実践してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事