誰の意見?主観が入りすぎだよ〜国語辞典の説明7つ

エンタメ

誰もが一度は使ったことのある「国語辞典」
本当に多くの出版社から出ていますし、改訂を繰り返して新しい言葉を厳選して入れていくので、国語辞典の種類はとんでもない数になります。
出典:http://enjoy.sso.biglobe.ne.jp

しかし、そんな今後辞典ですが、出版社やシリーズによって大きな違いがあることを知っていますか?
今回ご紹介するのは「三省堂 新明解国語辞典」というシリーズです。
難しい言葉は「へぇ~」という感じでしょうが、簡単な言葉ほど説明は工夫が必要です。

この新明解国語辞典はこの簡単な言葉の説明がちょっと他の国語辞典とは違うんです。
早速国語辞典を引いてみましょう。

「動物園」

出典:https://jooy.cdn-dena.com

捕らえて来た動物を、人工的環境と規則的な給餌とにより野生から隔離し、動く標本として一般に見せる、啓蒙を兼ねた娯楽施設。

いや、そうなんですが、言い方がちょっと・・・
小学生には見せたくない気がします。

「凡人」

出典:https://pbs.twimg.com

自らを高める努力を怠り、功名心を持ち合わせなかったりして、他に対する影響力が皆無のまま一生を終える人。

なかなかキツイ指摘ですね。
てっきり努力しても常人の域を出ないひとを凡人というのかと思っていましたが、「自らを高める努力を怠り」・・・なるほど、これは確かに凡人です。

しかし、「他に対する影響力が皆無」とは・・・涙が出そうです。

「初恋」

出典:http://up.gc-img.net

少年少女時代(青年初期)の、うたかたと消えた恋。

みなさんの初恋はいつでしょうか。
初めての恋人とそのまま結婚をした人をたまに聞きますが、初恋はほとんど聞いたことがありませんね。
確かに難しいものですが、「消えた恋」と断定されているのはスゴイですね。

「ダジャレ」

出典:http://stamp.tokyo/wp-content

少しも感心出来ない、つまらないしゃれ。

一時はオヤジギャグと言われたダジャレですが、最近では一周回って改めて注目を集めています。
しかし、こんな身もふたもない言い方しなくてもいいじゃないですかね・・・

「まじめ」

出典:http://f.st-hatena.com

まじめなだけで、冗談などを解さない。つきあって、おもしろみがない

先ほどのダジャレといい、三省堂さんはまじめな素人のちょっとしたお笑いが嫌いなのでしょうか・・・

「公僕」

出典:http://cdn.slism.net

(権力を行使するのではなく)国民に奉仕する者としての公務員の称。(ただし実情は、理想とは程遠い)

最後の一言が余計です。
気持ちは分かりますが、余計です。
公務員のみなさんがんばってください。

「政界」

出典:http://image.blog.livedoor.jp

(不合理と金権とかが物を言う)政治家の社会

今度は最初の一言が余計です。
「余計」と言いたいところですが、桝添さんの件もあるので、そうとも言い切れませんね。
政治家のみなさん、こんな風に言い切られていますよ?

いかがでしたか?
こんな魅力溢れる国語辞典があるなんて驚きです。
国語辞典は分からない言葉を調べるものですが、こう見れば一つの読み物として楽しめそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事