つるの剛士さん育休を終えて…「毎日が目まぐるしく過ぎていった」

エンタメ, ライフスタイル, 恋愛

俳優に歌手に、幅広く活動を続けているタレントのつるの剛士さん。2016年6月6日に第5子となる男の子が誕生し、1ヶ月の育児休暇を取っていました。そんなつるのさんが6月30日に更新したブログで今回の育児休暇について語っています。パパやママへのメッセージもつづっていました!
13392852_244702009231595_1176180134_n
出典:http://lineblog.me

☆つるの家待望の第5子が誕生した6月

1200x0_5774b9db-9340-454a-9696-085b0a0100df
出典http://lineblog.me

つるの剛士さんの家族と言えば、女の子3人、男の子1人の6人家族。

そんなつるの家に誕生した待望の第5子は3300gの元気な男の子でした。生まれたばかりの弟を抱っこしたくてお姉ちゃんたちは取り合っていましたね。ちなみに第1子の長男くんは試験中だったため塾でお勉強をしていたそう。
代わりに初めての弟に大興奮するお姉ちゃんたちが抱っこしていました。

まさに小さいママたちのよう。

つるのさんは「あなたらみんなつい何年か前はそっち側だったのよ?」とコメントしていました。

☆気になるお名前は「絢斗」くん♪

1200x0_5774bb8b-ffa4-4952-ae56-064e0a010376
出典:http://lineblog.me

出産という吉報を聞いて誰もが気になるのがそのお名前。
小さな男の子には「絢斗(あやと)」くんと名付けられました。

実は生まれる前から決まっていたそう。
なぜなら、つるのさんのお子さんたちの名前は上から順に
・えいと
・うた
・おと
・いろ
と実はみんな「あ行」!

5人目となった男の子にはえいとくんにならって「あやと」となり見事あ行コンプリートとなりました。

☆6年ぶりの新生児との生活は「懐かしい」でした

1200x0_5774bd4c-94fc-4216-9e3d-07d00a0100df
出典:http://lineblog.me

2010年の第4子誕生の際には約2か月の育児休暇を取って、大注目されましたが、今回も1ヶ月間の育児休暇を取ることを宣言。

絢斗君のお世話や、出産明けで身体が辛い奥さんのサポート、4人の子どもたちのお世話をするためにつるのさんの1ヶ月が始まりました。

☆夕食後の洗い物が済んだらもう寝る時間…。

1200x0_5774c126-58a8-4a9e-b08f-05660a010045
出典:http://lineblog.me

自らのことをイクメンではなく主夫と公言するつるのさん。
朝は子ども4人分の弁当をつくり、食事の買い出し、支度、片付け、洗濯まで。
家事や育児を請け負うつるのさん。

ブログには「夕食後洗い物が終わったら、もう寝る時間…1日が早い」と目まぐるしく過ぎていく1日をつづっています。

☆子どもたちのヘアアレンジにも慣れてくる半月後。

1200x0_5774c860-5e38-4cfd-8d06-08e40a010376
出典:http://lineblog.me

気がつけば家庭休業(育休)もあっという間に折り返し。
生活リズムはすっかり慣れましたが、

時間に追われ自分の目標達成が遠い…

1200x0_5774cc4b-b910-44c1-ac47-0c240a0100df
出典:http://lineblog.me

お弁当やご飯の支度、洗濯や掃除のほかにも、おしゃれが気になる娘たちのヘアアレンジをするのもパパの役目。

最初は大苦戦していた三つ編みも半月すぎるころにはすっかりできるように!でも分け目がずれたり、編み込みが難しいなど、目標が高いです。

奥様想い、子ども想いなつるのパパは尊敬以上に拝みたいくらいです。

つるのパパの爪のアカを主人に飲ませたい…。

☆そんなつるのパパに訪れた「父の日」

1200x0_5774c609-8b48-4b50-83ba-064f0a0100df
出典:http://lineblog.me

育休真っ最中となった父の日。
奥様と子どもたちからメッセージ付きのお花のプレゼントに感激。

もちろん連名には生まれたばかりの絢斗君の文字。
幸せをかみしめつつこんなメッセージを残しています。

全国の父達、がんばろう。
がんばる。

#これはさすがに泣いてモータ
#父の日影薄い
#そんなのかんけぇねぇ
#改めて名前ひとつ増えてる
#闘う男
#ひたすらに愛してる

☆育休を終えて…

1200x0_5774ca7e-4534-4b85-a262-060d0a010376
出典:http://lineblog.me

毎日が目まぐるしく過ぎていった一ヶ月

完全に家の中が中心になりエプロンが私服、戦闘服と化した一ヶ月。早く仕事したい気持ちと正直寂しい気持ちとで心中裏腹です。

6年前の育休時とは生活スタイルもだいぶ変化し、前回よりも遥かに密度の濃い期間だったように思えます。

たった一ヶ月前が昔のようで、初日と比べても見える世界もだいぶ変わりました。

1200x0_5774cc9c-fec8-453b-b721-07650a0103df
出典:http://lineblog.me

毎日決まって5時30分に起床し23時の就寝まで、普段僕たちが仕事に出かけている時間帯に世の奥さま達は皆さんこんな大変な日々を過ごされているんだなあ。。と

6年ぶりの家庭休業で改めて再確認し、なかなか経験できない貴重で有意義で建設的な毎日を過ごしました。

なによりも『知れた、理解できた』ということが一番の収穫です。

1200x0_5774ccbe-004c-4907-bd3f-07650a0103df
出典:http://lineblog.me

つるのさんはブログの最後で、「でも、この1ヶ月はあくまで訓練期間。じつはこれからが実践、本番」と書いています。

たった1ヶ月でしたが、ママがどれだけ大変かということを理解できたパートナーがいるとママとしてもとっても心強いですよね。

1200x0_5774c3a4-7ca4-40de-a3f4-115d0a0103df
出典:http://lineblog.me

時間に追われて自分のしたいことや目標を達成できなかった消化不良感。やっとエプロンをとって家事を終えた後の大きなため息。

何よりも仕事の大変さと家事の大変さの質がまったく違うこと。

これは多くのママがパパに知ってもらいたいことだと思います。

☆つるのさんが訴えたかったメッセージ

1200x0_5774c88a-9120-49ab-b480-0cd30a010376
出典:http://lineblog.me

最後に、つるのさんが育休を通して、次のようなメッセージを綴っています。

全国のチビ達諸君、
お父さんお母さんに感謝しなさい。
お手伝いしなさい。

早く世の中から「イクメン」なんて流行ワードが消え「普通の父親」と当たり前に言える社会になればなあ〜

そんな日本社会を僕は応援しています。

パパママお疲れさま!

現在男性で、育児休暇を取るという人は少なく、仕事でも育休を取れる環境というものは非常に少ないです。

だからこそ、育休を取得したり、家事育児をすることが「イクメン」なのではなく、「普通の父親」として当たり前のことなのだという認識に変わるといいですね。

全国のパパママお疲れさまです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ, ライフスタイル, 恋愛」カテゴリの人気記事