子育てするならこの自治体!子育て支援に力を入れている自治体をご紹介

ライフスタイル, 妊娠

近年の日本は出生率の低下など、未来への不安要素が問題となっています。しかし出生率を上げるなら、子育てを安心してできる環境が整っていなければ無理な話し。そういった要因から、子育て支援に力を入れている自治体が増えてきています。この自治体でぜひ子育てをしてみたい!そう思えるような自治体の取り組みをご紹介します。
family-457235_960_720 (1)2出典:https://pixabay.com/

子育て支援日本一を目指している自治体

kids-835146_960_720 (1)2
出典:https://pixabay.com/
出生率を上げるため、自治体もさまざまな取り組みをしているところが増えてきています。調べてみると「子育て支援日本一」を目指している自治体は日本の中でも多くあることが分かりました。中でも実績を上げている自治体の取り組みについてご紹介します。

島根県邑南町

02 (1)2
島根県邑南町(おおなんちょう)は、子育て世代の経済的負担の軽減、環境整備などの側面から、子育て世代が住みやすい町を目指し、さまざまな取り組みを行っています。子どもに関する取り組みで主なものは
1.第2子以降の保育料の無料化
2.保育所給食費の無料化
3.保育所に看護師が常駐
4.中学校卒業までの医療費の無料化
などです。他にも子育て支援センターの充実や一時預かりなどの支援にも力を入れているので、「シングルマザーにやさしい町」となっています。子どもの医療費の無料化を行っている自治体は多いですが、保育所に関する取り組みは全国でも珍しい取り組みといえます。またこれからママになる方に向けて
1.妊婦健診を16回まで無料化
2.一般不妊治療費助成
などの支援が行われています。また、IターンやUターンする方のためにもさまざまな取り組みを行っています。例えば、自治体が積極的にIターンやUターン希望の方の住宅を提供する、就職先の斡旋などに力を入れるなど。
その取り組みのおかげで、邑南町の出生率は2.65という数字です。東京の1.1と比べてみると一目瞭然ですが、全国的にみても高い水準となっています。

自治体が行っている子育て支援

education-548105_960_720 (1)2
出典:https://pixabay.com/
各自治体が子育て環境の整備などに力を入れていることが分かりましたが、実際にどんな支援を行ってくれるのでしょう?具体的な内容と行っている自治体についてまとめてみます。

出産するとお金が支給される自治体

baby-165067_960_720 (1)2
出典:https://pixabay.com/
赤ちゃんを出産すると出産奨励金といったお金がもらえる自治体も増えてきています。これから子どもを育てる家庭にとって現金支給は何よりうれしいものです!

愛媛県 伊方町

第3子以降、出生児1人につき総額100万円の出産奨励金を支給。

福岡県 添田町

出産児1人につき50,000円、3子目(2児養育中の場合)200,000円、4子以上(3児養育中の場合)500,000円の出産奨励金を支給。3子以上につき(現在2児を養育している)月額10,000円の育児奨励金を支給。

徳島県 つるぎ町

第1子30,000円、第2子50,000円、第3子100,000円、第4子200,000円、第5子300,000・第6子以上500,000円を助成。
その他、おむつを支給してもらえたり、絵本を支給してもらえるなど自治体によってさまざまなお祝い金制度があるようです。

18歳まで医療費が無料

だいたいの自治体が中学卒業までですが、18歳の高校卒業まで医療費が無料になる自治体も出てきています。
福島県(全市町村)・新潟県加茂市・山梨県山梨市・岡山県新庄市・徳島県阿波市・熊本県産山村

1人親家庭の医療費全額助成

愛媛県 四国中央市

母子家庭だけではなく父子家庭も対象。母親又は父親と児童(20歳未満)の医療費を助成してくれる制度です。

第3子の保育料無料

北海道 利尻町

町営の保育所に入所する場合、入所児童が第3子の場合、保育料が無料になります。

転入するとお金がもらえる

福岡県 八女市

「やめUIターン子ども応援手当」といった名称で、八女市に転入した中学生までの子ども1人あたり30,000円を支給してもらえます。

自治体の取り組みはまだまだたくさんあります!

主な自治体をピックアップしてみましたが、他にも自治体の取り組みはたくさんあります。例えば三重県 亀山市は5月の大型連休の前後1日を休日設定にするといったアイデアのある取り組みや、父親に向けたセミナーを積極的に行っている佐賀県、福岡県 柳川市では未熟児の医療費を交付しています。

探してみると各自治体が独自のアイデアで子育て支援を行っていますので、それが魅力となり移住を考える方もいるのではないでしょうか。子育て支援を積極的に行うことで村の過疎化を防ぐなどの効果も実際に上がっているようです。今後も自治体の子育て支援がますます充実してくると良いですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 妊娠」カテゴリの人気記事