「今日私の息子をしつけた見知らぬ人へ」と題した母のメッセージが世界中で話題!

ライフスタイル

facebookなどSNSである母がつづったブログの内容が話題になっています。

13006718_1164945516869410_9138393914746185435_n
出典:http://heaaart.com

☆カレンさんが公園で遭遇したある一件

息子さんと公園で遊んでいたというカレン・アルパートさん

カレンさんは、泣いている息子の友達をなだめていました。

そのとき、カレンさんの息子はジャングルジムで遊ぼうとしていたそうです。

22440880439_f07e53b4db_z-1
出典:https://www.flickr.com

すると見ず知らずの女性がカレンさんの息子を叱ったのです。

赤の他人に自分の子どもが叱られるのは誰しも驚愕することですね。

この件についてブログにカレンさんは想いをしたためました。

☆カレンさんがブログにつづったこと

今日私の息子をしつけた見知らぬ人へ
まぁまぁまぁ、ちょっと確認していいかしら。今日あなたの娘さんがジャングルジムで遊ぼうとしていたって?
はいはい、わかりました。

なのに私の子どももジャングルジムで遊ぼうとしていた?そうでしょうね。
でもあなたのお子さんはジャングルジム初心者で、途中で止まったり怖がったりしたものだから上まで登るのにものすごい時間がかかる。

だから息子はお子さんを追い越すしかなかった。
そして息子がぶつかって、娘さんは落っこちて泣き出してしまった?ふむふむ、そうですか。

13179038_1180723665291595_691077385922244761_n
出典:http://heaaart.com

続ける前に、これだけ言わせて欲しい。

私がその場にいるべきだったってことはわかっています。
でも残念ながら私は公園の向こう側にいて、泣いている息子の友だちと一緒にいたんです。

13006718_1164945516869410_9138393914746185435_n
出典:http://heaaart.com

だからはい、私はそこにいなかった。

でも、だからってあなたが私の子どもをしつけていいの?
あなたが冷たい口調で私の息子にいい加減にしなさいって言っていいの?
あなたが私の子どもの保護者のように振る舞ってもいいって言うの?

一見すると、見ず知らずの他人が息子に対して起こったことに憤慨しているように見えます。

でも続きがあったのです。

えーーーと、はい。そう、もちろんいいんです。

今日、直接伝える時間がなかったけれど、ありがとうございました。

私が傍にいないとき、息子がバカみたいに振る舞っていたら「いい加減にしろ」って言ってもらっていいんです。
これは、息子の体に触れていいということではなくて、むやみに怒鳴りつけていいということでもありません(これは私だけがやっていいことです)。

でももし息子がジャングルジムの順番を守らなかったら、「そんな真似はやめなさい」っていつでも言ってやってください。

もし滑り台の滑る側を登っているときも、ウッドチップを投げて遊んでいるときも、汚い言葉を使っているときも、他の子をいじめているときも、他の人が嫌な思いをするようなことをしているときもお願いします。

13319970_1193490000681628_7529116452551263550_n
出典:http://heaaart.com

だってあなたは私の息子の親ではないけれど、彼よりも賢い大人だから。もちろん、知らない人が自分の子どもを叱ったからって頭にきているようなおバカな親がたくさんいるのも知っています。

だけど私は違う。

「子どもは村全体で育てる」ということわざがありますが、現代の地域社会は昔にくらべて人数も範囲も拡大しています。

隣人に密接した小屋で暮らしているわけでもないし、馬車に乗って皆で移動するわけでもなく、夜に焚き火に集まるわけでもない。
近所に住む人全員と顔見知りというわけでもありません。

でも協力して子どもを育てる地域社会をつくることはできます。私はそういう「村」に暮らしたいと思っています。

13532913_1211361485561146_3822567860831952870_n
出典:http://heaaart.com

私がそこにいなくて見ていなくて、ごめんなさい。手伝ってくれてありがとう。

心を込めて

「あの」子どもの母より

このブログの内容はfacebookでもすでに30万回もシェアされて大きな反響を呼んでいます。

知らない人に我が子が叱られたら、子どもを守るために本能として敵対心が出てしまいます。

しかし、今回のケースのように状況に応じて「叱ってくれた人」に感謝を述べるのはいいことなのではないでしょうか?

みなさんはどう思われますか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事