なんじゃこりゃー!!アメリカ発「新型おんぶ紐」が日本にも上陸!!

妊娠

男の人の背中に子どもが立ってますけど・・・。
これって何なの!?
ピギーバックライダー パパおんぶ
出典:http://spotlight-media.jp/

なんじゃこりゃー!!!

直立型おんぶ紐「ピギーバックライダー」

新型抱っこひも アメリカ発
出典:http://item.rakuten.co.jp/

これは、新型のおんぶ紐。
アメリカ発の、直立型おんぶ紐「ピギーバックライダー」です。

おんぶというと、
子どもが肩にしがみつかなくてはいけなかったり、
おんぶをする側はしっかりと子どもを支えなくてはいけなかったり、
長時間続けるのはなかなか大変なんです・・・。

しかし、この直立型おんぶ紐「ピギーバックライダー」なら、
楽ちんに安全に、そして、子どもも楽しくおんぶができてしまうんです!!

安心安全!!!

ピギーバックライダー 安全
出典:http://www.kotaro269.com/

子どもに使うものとなると、一番に気になるのは安全性。
この直立型おんぶ紐「ピギーバックライダー」は、どのように支えられているのか、
ちょっとよくわからないという方もいると思います。

実は、子どもに装着する紐があり、
それがハーネスとなり、子どもを支えてくれます。

ピギーバックライダー 子どもハーネス
出典:http://spotlight-media.jp/

子どもは自然な姿勢で立っていられるので、窮屈さもなく、
安心して使用することができます。

長時間でも楽ちん!!

ピギーバックライダー 長時間でもできる
出典:http://viralmovie.nantoka-antenna.com/

普通におんぶしていたほうが、負担が少ないような・・・。
いえいえ、ピギーバックライダーは、
体重が背中で分散されるので、負担が少ない設計なのです。

また、親子ともども両手があるので、
お互い負担が少ないのもメリット。

長時間おんぶしても疲れにくいので、
親子のコミュニケーションもとりやすいようです。

子どもが楽しいと感じるおんぶ紐!!

子ども楽しい ピギーバックライダー
出典:http://spotlight-media.jp/

これが一番のメリットといってもいいかもしれません。
ピギーバックライダーは、背中に立つおんぶ紐なので、
肩車をしているような感覚!

子どもの目線が高いので、
大人のような目線を子どもも感じることができちゃいます!

大人と同じ目線でいられるなんて、
子どもにとって楽しくてしょうがないはず。

両手もあくので、遊ぶ気分でおんぶが楽しめちゃうんです!!

とにかくかっこいい!!

パパでもできるかっこいいおんぶ紐
出典:http://item.rakuten.co.jp/

とにかくかっこいいのが、このピギーバックライダー。
おんぶ紐って、ごちゃつくイメージがあるけれど、
ピギーバックライダーは、前から見るとリュックを背負っているだけのような、
スタイリッシュなデザイン。

かっこよさを気にする男性でも、これならいやがることはありません。

パパおんぶのススメ!!!

パパのおんぶ大好き ピギーバックライダー
出典:http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/

最近は抱っこひもを使用しているパパも増えてきましたが、
おんぶをしているパパってなかなか見ないですよね。
でも、これなら、パパがおんぶしていてもスタイリッシュでかっこい!

日本には、ピギーバックライダーのようなおんぶ紐は存在していません。
ピギーバックライダーの日本総代理店の方は、
“父親も楽しく子育てに参加してもらいたい”という思いで、
着目したといいます。

パパの大きな背中。
ママの温かい背中もいいけど、
パパの背中ってやっぱり特別ですよね。

パパの背中でいろいろなものを見て、いろいろなところに出かけて・・・。
たくさんお話をして、一緒のものを見る。

それは、子どもにとって深く心に刻まれる思い出になるのではないでしょうか?

ピギーバックライダーは、子育てのツールだけではなく、
パパと子どものコミュニケーションツールとしても大活躍するでしょう!!

いつから使えるの!?

ピギーバックライダーは、2歳半ころから6歳ころまでの長い期間使用することができます。
荷耐重量は27kgです。

この頃の子どもは、パパともいっぱいお出かけしたい時期。
ピギーバックライダーがあれば楽しくお出かけできそうですね。

もちろんママも使用できますよ。

新型おんぶ紐 ピギーバックライダー
出典:http://spotlight-media.jp/

初めて見ると衝撃的なおんぶ紐「ピギーバックライダー」
この夏は、「ピギーバックライダー」で、親子の素敵な思い出を作ってみませんか?

詳細はこちら
子どもにとっても、パパやママにとっても、
5年後、10年後も忘れることのできない記憶となりますように。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事