1か月検診「子どもは実家に預けてきました」って・・ええっ!?

ライフスタイル

まずはこちらのTwitterをご覧ください。

赤ちゃん 1か月検診
出典:http://www.nakagami.or.jp/

赤ちゃんが産まれて、赤ちゃんの成長や様子を見てもらう1か月検診や3か月検診。

赤ちゃんの健康状態を確認することが目的で、
発育の状態や栄養状態、病気の有無など、
必要な項目を定期的にチェックします。
ママが普段から気になっていることを相談できる場でもあります。

それなのに、子どもを預けてママだけが1か月検診に・・・。
ウソでしょ!?

びっくりしている赤ちゃん
出典:http://dajare.g.hatena.ne.jp/

びっくりですよね!!

あれ!?実家は???

孫をかわいがる祖父母
出典:http://192abc.com/

そうなんです!
実家のお父様お母様は、1か月検診だからとお孫さんを預かって何とも思わなかったんでしょうか?

出産育児を経験しているお母様はわかりそうなものですが・・・。

でも、最近は、昔と今の育児方法の違いが話題になっているので、
1か月検診や3か月検診も昔とは違うのかなーなんて思ってしまったのでしょうか?

こんな意見も・・・。

育児書によっては生後3か月くらいまでは外出をしないようにと書かれているものがあるのですね・・・。

ただ、最近の一般的な情報としては、

1ヶ月検診が終わるまでは、赤ちゃんを連れて外出・お出かけするのは控えましょう。新生児のうちはまだ体が弱く、病気にかかりやすいので、近所へ買い物に出るのもできるだけ控え、ネットスーパーを利用したり、パパに買い物をお願いしたりしましょう。それまでは、庭やベランダで外気浴くらいに留めておいてください。1ヶ月検診が済んだら、近所を散歩するくらいから始めましょう。本格的な外出・お出かけは、生後2ヶ月を過ぎてからです。ただしまだ首が据わっていないので無理は禁物です。
出典:http://192abc.com/

1か月をめどに、近所の散歩などはOKのようです。

私の場合ですが、
娘が黄疸で退院後も入院治療をしたり、様子を見るために何度か通院もしていました。
産まれたばかりなのに、こんなに外出(といっても病院ですが・・。)してもいいのかな?と不安になりましたが、
娘の健康状態のための外出ですからね。

海外の場合には、出産の翌日に退院。
すぐに小児科を決めて、検診に連れていかなければならないところもあるそうです。

こちらでは赤ちゃんの小児科医を決めて
退院後すぐ検診に連れていかなくてはいけません
私は付き添ってもらったんだけど
中にはお母さん一人、産後の体で赤ちゃんをカーシートに入れてかついでくるから
ビックリ!
出典:http://ameblo.jp/

 

海外に比べると、日本は産後のママの体調や赤ちゃんのことを大切にしている気がします。
それにしても、1か月検診はやっぱり赤ちゃんを連れていきますよね・・・。

ママの検診もあります!!

ママの検診 産後
出典:http://mamari.jp/

1か月検診の時には、赤ちゃんの検診と合わせて、ママの検診もあります。
子宮の戻りなどを確認してもらい、
体調を相談することもできます。

私の場合、娘の1か月検診は1人で娘を連れていきました。
他のママさんは、パパやおばあちゃんと一緒に来ているママがほとんどで、
私の検診の時に、「見ていてくれる人はいないの!?」と言われ、
看護師さんに娘を見てもらって、検診を受けました。

こんなケースもあるんですね!!

それにしたって、基本赤ちゃんの検診のはず。
わからない場合には確認したいですよね。

もう一度確認。1か月検診ですることとは?

産後1ヵ月が経過し赤ちゃんとの生活リズムもつかめかけた頃ですね。1ヶ月健診はお母さんの産後の回復や赤ちゃんの発育状態を診ます(なるべく同じ日に予約を組んています)。

赤ちゃんの健診内容
・身長、体重、頭位、胸囲の計測・小児科医師の診察・乳児ビタミンK欠乏性出血症の予防としてビタミンK2シロップの投与 ※赤ちゃんは着脱しやすい前あきの服装が望ましいです。

お母さんの健診内容
・血圧・体重測定 尿検査 産科医師の診察・産後の体の事や、育児の気になる事などの相談
出典:http://www.nakagami.or.jp/

そのほかにもこんなビックリエピソード!!

びっくりしている女性の顔
出典:http://kosmetika.blog.fc2.com/

ちょっと考えればわかることのような気がするのですが・・・。

とんち?一休さんか!?って突っ込みたくなりますね。

こんなことも注意が書きにしなくちゃいけないことなの!?って
ビックリしてしまうようなことでも、
最近はそのななめ上を行く方がいるんですね・・・。

書いてあることだけを見るのではなく、
どうしてそれが必要なのか、何に必要なのかなど、
もっと先のことまでしっかりと理解する必要があると思います。

1か月検診は、誰のための検診なのか。
それを理解していれば、子どもを置いて検診に行くなんてことにはならないはず・・・。

このことだけでなく、他のことに対しても、
「しっかり考える」ということが必要ですよね。

日本の将来のために・・・。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事