『とにかくさけんでにげるんだ』 性犯罪から子供を守るために!!

ライフスタイル

残念なことに、子どもが巻き込まれる事件をよく耳にします。

あなたのお子さんは、「お母さんが呼んでるよ」などと誘われたとき、どう対応するでしょうか?

『とにかくさけんでにげるんだ』という絵本には、子どもが悪い人から自分の身を守る術が収められています。

子ども 犯罪 とにかさけんでにげるんだ 絵本
出典:https://conobie.jp

『とにかくさけんでにげるんだ』

『とにかくさけんでにげるんだ─わるい人から身をまもる本』は、性犯罪や誘拐などから子どもを守るための絵本です。

そのような犯罪が全くない社会が理想的ですが、現実には子どもが巻き込まれる犯罪は多発しています。

子ども 犯罪 性 誘拐 絵本
出典:http://www.cypnow.co.uk

また、あまり表にならないものの、身近な人が子どもに性的虐待を加えていることも多くあります。

そのようなことを未然に防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?

また、万一 子どもがイタズラをされたらどうすればいいのでしょうか?


(ベティー・ボガホールド作、安藤由紀 訳、河原まり子 絵)

デパートで迷子になったら?

人が多くいる場所で親は子どもから目を離さないようにしています。

子どもにも普段から、そのような場所では親と一緒にいるよう教えていることでしょう。

それでも、ふとした瞬間 お互い見失ってしまうことも・・・

とにかくさけんでにげるんだ 迷子 子ども 犯罪
出典:http://www.kodomofuruhonten.net

そんな時に知らない人から、「おいで、いっしょにさがしてあげる」なんて言われたら子どもはどうするでしょう?

てんいんさんに「ぼくのおかあさんを、さがしてください」と言いましょう。

とにかくさけんでにげるんだ 迷子 子ども 誘拐
出典:http://afoggystory.com

「お母さんが呼んでるよ」と言われたら?

公園で見たことのない人から、「お母さんが呼んでいるよ。一緒に車で行こう。」と言われたら、どう対応すればいいのでしょうか?

とにかくさけんでにげるんだ 絵本 子ども 性犯罪
出典:http://afoggystory.com

「おじさん、ぼくのおかあさんはあそこのベンチにすわっているよ。いま、よぶからね」

そして大きな声で「おかあさーん!」と叫びましょう。

知らない人に体を触られたら?

もしも子どもが知らない人に体を触られてしまったら、どうすればいいのでしょうか?

とにかくさけんでにげるんだ 性犯罪 子ども
出典:http://ameblo.jp

わたしは、「やめて!」とさけんだ。そしてできるだけはやく走ってにげた。

そして、家に帰ったら親に全部話すように教えましょう。

身近な人に嫌なことをされたら?

親戚や習い事の先生など、身近な人が子どもに良くないことをしている場合はどうすればいいのでしょうか?

身近な人から性的虐待を受けている子どもは、自分が悪いんだと思っていたり、そう思わせられたりしています。

とにかくさけんでにげるんだ 性的虐待 子ども
出典:http://ameblo.jp

親戚のおじさんから性的虐待を受けたゆかちゃん。

「とってもいやなゲームなの。わたしたちはふくをぬいで、おじさんは、わたしに、いやなことをしたの」

とにかくさけんでにげるんだ 虐待 親戚 絵本
出典:http://ameblo.jp

叱られると思っているゆかちゃんに、おばさんは言います。

「しかるわけないでしょ。ゆかは、ぜんぜんわるくない。わるいのは、サムおじさんのほうよ!」

性的虐待を受けてしまったら、子どもが悪いのではないことを教えましょう。

そして、信頼できる大人にそのことを話すように教えましょう。

親子で一緒に読んで話し合おう!!

『とにかくさけんでにげるんだ─わるい人から身をまもる本』は、多くの親子にとって犯罪から身を守るための貴重な1冊となっています。

一年生になった娘に買いました。
身内でも安心出来ないことを私ではうまく説明出来そうになかったので、本を読みながら説明しました。自分の体は自分だけのもの。ちゃんと理解してくれたかと思います。
定期的に一緒に読もうと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

印象付けになりました。
こわいえほんと言ってます。4才になって読みきかせ十分理解した様子。デパートやモールでは家族の手を離しません。色んな大人がいることを伝えることが出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

子ども 犯罪 性 誘拐
出典:http://oleschoolhouse.co.nz

ぜひ親子で「こんなことされたらどうする?」と話し合いながら、この本を読みましょう。
いざという時にしっかり対処できるように、実際に練習しておくこともおすすめです。
誘拐や性犯罪など、子どもが巻き込まれる悲しい犯罪が少しでも減ることを願います。

本の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事