美容と健康に良い『ホットバナナ』の効果

グルメ

バナナって南国の果物で体を冷やす効果があるから寒い季節には食べるのをためらってしまう果物のイメージがあります。しかし、バナナは食物繊維も豊富で便通改善に効果があるから、下腹ポッコリの人に効きます。

特に寒い季節になると運動量も減り、水分を摂る量も減る傾向にあるため、腸の血流や活動性が低下し、自然と便秘がちになる方は多くいらっしゃいます。
バナナには、腸内環境を整えるビフィズス菌を増やす「オリゴ糖」が含まれているため、便秘がちな方にオススメですが、さらにバナナを温めることによって、その熱が腸へと伝わり体を温め、腸の活性化を高める働きが期待できます。
また、寝起きの時は体の温度が低下している状態なので、普段から便秘がちな方はホットバナナを朝食で食べるようにすると腸の活動性もアップし、便秘解消効果がさらに期待できます。

出典:http://www.skincare-univ.com

そして、バナナにはカテロンやビタミンB1、B2、c、ポリフェノールが豊富に含まれています。

2015071321461009f
出典:http://recipe.foodiestv.jp

バナナは焼くことでオリゴ糖の分子が細かくなり、善玉菌を増やすことができるんです。
電子レンジの場合は500W~700Wで30秒~40秒。フライパンの場合は1分程度加熱し、表面に焼き色がほのかにつけば完成です。

温かいまま食べることにより、腸が冷えないことで、冬に低下しがちな腸の働きをキープ。ポリフェノールなどのファイトケミカルを効率よく摂取できます。

バナナは世界中で人気の果物で、どこに行っても売られています。 私が世界一周したときも、どこに行ってもバナナを買って食べていました。 バナナにも色んな種類があり、日本でよくみる細長いバナナや、海外では太くて短いバナナなどたくさん。 食べ方も色々で焼きバナナにして食べるのが主流な国もあります。 東南アジアやアフリカでは生食するよりも網焼きしたり(クルアイ・ピン)、コロモをつけて揚げたりして(クルアイ・トート)デザートやお菓子の材料に使われることが多いイメージ。

バナナレシピ

 

『揚げバナナ』
4bc39a3fead60387b6c3837047d5035b
出典:http://image.excite.co.jp

バナナは皮をむき、縦半分に切って長さを半分に切る。薄く片栗粉をからめ、170℃の揚げ油で揚げる。

32d5b89849616683f554fca2c89316ff
出典:http://image.excite.co.jp

冷たいアイスとフレッシュミカンソースをたっぷりかけて食べてね♡

『バナナのソテー』
e31a2b7a0b11f8e9e6db565e3a9f8372
出典:http://image.excite.co.jp

フライパンにバターを熱してバナナを並べ、両面に焼き色がつくまで焼き、ブランデーをかける。

e1749f6b4be59ef275dbc4aec48b9c92
出典:http://image.excite.co.jp

バナナを盛り付け、チョコシロップを掛けて食べてね♡

『バナナ春巻き』
201309021029531e9
出典:http://blog-imgs-55.fc2.com
バナナを縦横に4等分し、砕いたチョコ、ナツメグと一緒に春巻き皮で巻く。これを高温の油でサクッと揚げる。
仕上げにナツメグを一振りで完成!

また、オリーブオイルをかけることで、ホットバナナのパワーがアップ!オイルが油膜をつくり、体内で高い保温力をキープし、腸の滑りもよくなるんだそうです。

季節も寒くなってきたので、是非、試してみてね♡

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

クイ〜ズライター

こんな記事も読まれています

グルメ」カテゴリの人気記事