ポケモンGOが自閉症の男の子にもたらした奇跡!

エンタメ

現在、世界中で爆発的に利用者が増えているポケモンGO

ついに日本でも配信され、すでにポケモンGOを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか?

そのポケモンGOによってもたらされた「ある出来事」に世界中が注目しました。

ポケモンGOとは?

ポケモンGOタイトル
出典:https://www.youtube.com/

ポケモンは、自分の持っているモンスターと他プレーヤーのモンスターを戦わせ、レベルアップしながらより強いトレーナーを目指すゲーム。

このポケモンGOの最大の魅力はゲームと現実世界が融合したという点です。

今までゲームと言えば舞台は”仮想空間”でした。ですがこのポケモンGOの舞台は私たちが生活している”現実世界”です。

というのも、携帯末端からGPS機能を利用することで私たちの生活圏内の地図がゲーム上にMAPとして投影され、ゲーム内では現実世界と同じ地図を使い自分自身が目的の場所に移動することでゲームが進行していきます。

ポケモン1
出典:https://goin.jp/

ポケモンを捕まえるためには、ポケモンに遭遇しなくてはなりません。

マップ上にはこのように現在位置やマップビュー右下に”近くのポケモン”とリストと距離が表示され、移動のヒントとなります。

ポケモンが現れると自分のスマートフォンが振動し、出現を知らせてくれます。

そして操作画面上に

ポケモン2
出典:https://goin.jp/

現実の風景を背景として、画面越しにあたかもポケモンが存在するかのように投射されます。(面白キャプチャがクイ~ズ内でも紹介されてますので是非ご覧ください)

ポケモンがなかなか見つからない場合、出現率の高い場所を探す必要があります。公園や公共の広場などに出現することが多く、さらに場所によって現れるポケモンが違う為、SNSや遭遇した他のプレーヤーと情報交換をすることにより、より効率的にゲームを進行させていくことがカギとなります。

そんなポケモンGOを通して起こった奇跡

lenoreKoppelman
出典:https://www.facebook.com/

米ニューヨークに住むレノーア・コッペルさんはポケモンGOによって起こったある出来事を自身のフェイスブックに投稿しました。

そしてその内容は瞬く間に世界中に広がったのです。

ママ友に勧められて息子に「ポケモンGO」をやらせてみて正解でした。本当に驚くことばかり!

ラルフィーはパン屋で初めてキャラクターを捕まえると大興奮。「次のを捕まえるんだ」と言って外に飛び出して行きました。

同じく「ポケモンGO」をやっている男の子と出会うと、お互いに情報交換。知らない子ときちんと話はしているし、ハイタッチまで交わしていたのです。

知り合いの女性から、公園にポケモンがたくさんいると聞けば、今まで夜の公園など行ったこともないのに、「今すぐ行きたい」と言い出す始末。

いつもの習慣を変えることなど決してなかったのに、あっさりしたものだなと驚きました。

公園ではたくさんの子どもたちがポケモンハントの真っ最中。ラルフィーが他の子と一緒になって遊ぶのを見て、私は笑いたいのか泣きたいのかわからなくなってしまいました。

その後も街中で、知らない大人の人からアドバイスをもらいながらハントを続ける息子。全く知らない人の目を見て、「ありがとう!」などとお礼まで言っている…。

出典:http://irorio.jp/sousuke/

何故この投稿が世界中で注目をあつめたかというとレノーアさんの息子ラルフィー君(6)は自閉症および過読症と診断されていたのです。

自閉症は先天的な脳の機能障害で、症状として対面での個人交流の困難さがあります。自閉症の多くの人は「定型(確定)的な事がら」を好むため”人の感情”という「不確定なもの」に対して向き合うことに強い苦痛を感じるのです。そのため個人での行動を好むことが多く、他者との交流を積極的に行う人は多くはいません。

さらに自分の行動に対しても定型的なものを求める人が多く、「公園に行ったら砂場に行く」など「どこでなにをするのか」を決め、その事がら以外のことが起こると、パニックに陥ってしまうこともあります。

この点を踏まえてもう一度レノーアさんの投稿を読み返すと、自閉症の子を持つ親として信じられないようなことが連続で起こっていることがわかります。

レノーアさんはこう続けます。

「ワオ!」の一言です。自閉症の息子が見知らぬ人たちと交流している。微笑みかけている。目を合わせているなんて。

自閉症の子を持つ母親にとって夢みたいな1日でした。任天堂に感謝です!

出典:http://irorio.jp/sousuke/

思いがけない可能性を秘めたポケモンGO

ポケモン3
出典:https://www.youtube.com/

様々な点から賛美するだけが正しいわけではないとの意見もあると思いますが、ポケモンGOがラルフィー君とレノーアさんに思いがけない出来事をもたらしたのは事実です。

もしかしたら、今までコミュニケーションを得意でなかった人にとって、新たなコミュニケーションツールとして架け橋になるかもしれません。

今後もポケモンGOに注目ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

主婦7年目のアラサーです。 楽しいこと、面白そうなこと、おいしいものが好きです。 楽しんで読める記事を目指して頑張ります。

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事