ポケモンGOに対する対応が秀逸すぎると話題!

エンタメ, ライフスタイル

いうまでもなく、全世界でブームを巻き起こし、社会現象にもなっているポケモンGO。ポケモントレーナーのマナーなどが問題で、トラブルも多発し、多くの方面が警鐘を鳴らしています。そんな対応がとても秀逸だと話題になっています。
3841c563
出典:http://www.pokemongo.jp/

☆日本でも巻き起こるポケモンGOフィーバー

すでに配信している国では一大フィーバーとなっているポケモンGO。そんなポケモンGOが7月22日に日本でも配信されるやいなや大ブーム。それは「アベノミクス」ならぬ「ポケモミクス」という言葉もできるほど!

子どもから大人まで楽しんでいるポケモンGO。会話までポケモンのゲームのようになってきたと話題になっています。

☆ポケモンGOの遊び方について日本政府まで動いた!

ポケモンGOをするのにあたり、増えてくるのが歩きスマホ。歩きスマホによるトラブルも増えるので、その対処として配信前から日本政府も動いています。

twitterのNISC@みんなのサイバー天気予報ではポケモンGOの遊び方などを紹介しています。

ポケモンGOのおすすめの遊び方や、「ポケモントレーナーのみんなへおねがい」でルールを守るように言っています。

☆ポケモンGOに手を焼いている人々…

そんなポケモンGOに対して手を焼いている方もいます。

ポケモンGOが配信されたのは7月22日の10時頃に配信に始まり、そのあとにiOS版が配信されました。

配信開始とともに、多くの方が一斉にダウンロードを開始し、仕事中の時間ということもあり、職場内でもポケモンGOをする人たちがあとを絶たなかったようだ。

また、立ち入ってはいけないところに立ち入る事案も発生し対応に追われている。

熊本市は22日、ポケモンGOで遊ぼうとした男性1人が、熊本地震で被災した熊本城の立ち入り禁止区域へ侵入しようとしたと明らかにした。市はゲーム開発に関わった任天堂に対し、城の敷地でポケモンが現れないような措置を取るよう申し入れた。

☆そんなポケモンGOに対する対応が秀逸だと話題に!

そんなポケモンGOに対する対応がとても秀逸だと話題になっています。

おもに学校や塾の注意書きが多いようですが、どれもバリエーションにとんだものとなっています。

なるべくポケモンの世界観を壊さないようにユーモラスに対処していて、すごく大人の対応だなと感じます。
清明神社はポケモンGOだけでなく陰陽師の世界観も壊さない配慮となっています。
ポケモンGOは子どもから大人まで老若男女問わずプレイしているので、なるべく世界観を壊さないようにしようという優しい配慮ですよね。

☆ポケモンGOをするときはマナーを守って

ポケモンGOを歩きスマホで行うことは周りが見えなくなり、電柱にぶつかったり、交通事故をまねいたり、入ってはいけない場所に不法侵入してしまったり、さまざまなリスクが伴います。

楽しくプレーするために、マナーを守って周りの人の迷惑にならないようにしましょう。

周りの方たちがポケモンGO のユーザーを配慮しながら注意喚起をしてもユーザーがマナーを守らなかったり、トラブルを起こしてしまっては意味がありません。

ポケモンGOを行うときは周りをしっかりと確認し、熱中症や脱水症状など体調管理にも注意し、トラブルを起こさずに楽しくプレイしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ, ライフスタイル」カテゴリの人気記事