ヨーロッパで最も巨乳が多いのは「イギリス」!? どうでもいいけど気になっちゃうH雑学・20選

エンタメ

「雑学」
特に必要というわけではないけど、知っていると周りから「へぇ、物知りだね」と言ってもらえる便利なもの。
特定の分野にだけ強いと「マニア・オタク」と言われますが、幅広い知識を持つと「博学」と言われます。
今回はみなさんにそんな雑学をお届けしたいのですが、テーマを「H雑学」に絞ってみました。
出典:https://i.ytimg.com

まさに、使うタイミングがなさそうな、使うと周りに変な目で見られそうな、そんな使い勝手の悪い「H雑学」をご紹介します。

H雑学1:母乳は左右で味が違う

出典:http://www.mow-shop.com

成分分析でも違いがはっきり出ているようです。
しかし、一般家庭でそれを知る術はありませんよね。
さあ、旦那さんの出番です!

H雑学2:女性が最も興奮できるSEXは午後1時

出典:https://4meee.s3.amazonaws.com

女性ホルモンの1つである「エストロゲン」が最も多く分泌されるのが午後1時頃がピークなのだそうです。
ただ、これはSEXをすると興奮度が高まるというものであって、ムラムラするわけではないようです。
「うんうん、確かにしたくなる~」って思ったあなた、それはあなたがHなだけです。

H雑学3:男性が最も興奮できるSEXは午後3時

出典:http://howcollect.cdn-donuts.jp

男性の精液が最も多く生産されるのが午後3時なのだそうです。
この時、男性ホルモンが大活躍しているので、興奮度も高いようです。

H雑学4:ギネス認定!世界最長ペニスは「48㎝」

出典:http://enigme.black

メキシコのロベルト・エスキベル・カブレラさん。
通常時は25㎝だそうですが、勃起時はなんと48㎝。ズボンを履くとペニスが膝辺りまで来てしまうそうです。
ただ、噂によると、このペニスはほとんどが「皮」らしいです。
つまり、世界最長の「包茎」ということですね。

H雑学5:クジラのペニスは「3m」

出典:http://takaji-ochi.com

あの巨大な体のクジラですから、当然ペニスも大きくなるわけですよね。
その大きさがなんと「3m」だというのです。
ちなみに、そのペニスがコチラ。
出典:http://abe-sin.sakura.ne.jp

これは「武器」ですね、きっと。

H雑学6:ゴリラのペニスは「3㎝」

出典:http://farm1.static.flickr.com

同じく体の大きなゴリラですが、そのペニスは驚きの「3㎝」
いや、それじゃ挿入ができないんじゃないかと思ってしまいますが、本当のようです。
ただ、残念ながら小さすぎてお見せできる画像がありませんでした。すみません。

H雑学7:ニワトリの交尾は「1日50回」

出典:http://blogimg.goo.ne.jp

この回数には言葉もありません。
ニワトリはこんなに精力旺盛だったんですね。

H雑学8:ヨーロッパで巨乳が多いのは「イギリス」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

下着メーカーのトリンプがヨーロッパで調査した結果、イギリスは半数以上の女性がDカップ以上であることが分かりました。
ちなみに2位はデンマーク、3位にオランダと続きます。
最下位は情熱の国イタリアで、約70%の女性がBカップだったそうですよ。

H雑学9:睾丸には”利き手”ならぬ「利き玉」がある

出典:http://thumbnail.image.rakuten.co.jp

男性の睾丸は左右で大きさが微妙に異なるそうです。
そして精子を作る能力が高い方が「利き玉」であり、そちらの方が大きいのだそうです。
今度パートナーのものをじっくり見てください。

H雑学10:乳首には”利き手”ならぬ「利き乳首」がある

出典:http://erogazou.co

感度の高い方が「利き乳首」らしいのですが、人間は右利きが多く、オナニーの時には利き手(=右手)で性器をいじるので、左手で左乳首をいじることが多くなるのだそうです。
そのため、多くの人が「左乳首」の方が敏感(=利き乳首)らしいですよ。

H雑学11:非常ベルの赤いランプがおっぱいなら「Aカップ」

出典:http://blog-imgs-41.fc2.com

どこでも見かける非常ベルですが、今回はベルではなくその上にある赤いランプのことです。
このランプは「トップ300mm、アンダー190mm」なので限りなくBカップに近いAカップなのです。

H雑学12:肛門を「アナル」と呼ぶのは間違い

出典:http://blog-imgs-71.fc2.com

肛門のことを「アナル」と呼ぶことがありますが、実際その言葉は形容詞なので「アナルの~」という意味なのだそうです。
名詞としての肛門を表現したければ「アヌス」という言葉が正しいとのことでした。
よって、「アナルセックス」ではなく「アヌスセックス」が正しいのだそうです。

H雑学13:包茎手術は状態によって保険がきくことがある

220090123172024出典:http://www.yamacomi.com

「真性包茎」の手術には保険がきくそうですが、「仮性包茎」の手術には保険がきかないのだそうです。

H雑学14:韓国には「金玉女子高等学校」がある

出典:http://portal.nifty.com

もう説明はいらないですよね。
そういう名前の高校があるんです。しかも女子高という事実。

H雑学15:タバコを吸うと早漏防止になる

出典:http://www.partyparty.jp

タバコを吸うと血流が悪くなります。
これにより勃起が不十分となるので、結果的に長持ちするとなるようです。

H雑学16:ももたろうは桃から生まれていない

出典:http://kids.wanpug.com

明治時代までは「川から流れてきた桃を食べたおじいさんとおばあさんが元気になって、ももたろうが生まれた(普通にHした)」となっていましたが、童話要素が強くなり、「桃から生まれた」ことになったのだそうです。

H雑学17:「わいせつな行為」と「みだらな行為」

出典:http://blog-imgs-21.fc2.com

ニュースでよく聞く言葉ですね。
SEXをしていなければ「わいせつな行為」、SEXをしていたら「みだらな行為」と使い分けされているそうです。

H雑学18:「オナラ」と「屁」

出典:http://www2.wbs.ne.jp

音が鳴ると「オナラ」、音が鳴らなければ「屁」を使い分けされているそうです。
だから「すかしっぺ」っていうんですね。

H雑学19:世界で最もSEXをするのは「ギリシャ」

出典:https://ssl-stat.amebame.com

世界的なコンドームメーカーDurex社が調査したところによると、常にギリシャがトップなのだそうです。
ちなみに、Durex社が調査した国の中では日本が最下位だったそうです。
確か、ギリシャって公務員が多くて、まったく働かない国民性で財政破綻しましたよね・・・頷ける数値ですね。

H雑学20:日本の1年間のラブホテル売り上げは国防費と同じ

出典:http://kura1.photozou.jp

ラブホテルは全国に約37,000店舗あり、総部屋数は約74万室といわれています。
1日の利用者は約148万組が利用しているそうで、1日の売上は約101億円だそうです。
これを年間計算すると、日本の国防費とほぼ同額の約4兆円になるのです。

いかがでしたか?
この中でどのくらいのことを知っていましたか?
少しでもみなさんの「知の泉」が満たされれば幸いです。
みなさんが「興味はあるけど、知っていても使い道のないH雑学」でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事