左利きを矯正するのは右利きの差別!?左利きも個性!

ライフスタイル

子どもが左利きだったとします。親心としては、今後生きて行くために左利きでは何かと不便だろうと、右利きに矯正した方が良いだろうと考えてしまう方が多いのではないでしょうか?それはもちろん、親としての子への思いやりから生まれる行為。しかし、それは右利きが左利きを差別している行為だと言われたらどうでしょう?
lefthand (1)
出典:http://source-on.com

右利きの人は左利きの人たちを差別していることに気づくべき

1505_hitorikko_prf (1)
親野智可等先生
出典:http://mama.bibeaute.com
教育評論家の親野智可等(おやのちから)先生は、子育てに悩む親たちへ、大変心が軽くなるようなアドバイスをしてくださる先生。教師だった経験から、親が悩む問題について分かりやすく解説してくれるメルマガが大変話題になっています。この親野先生が左利きの子どもを持つ親に向けた持論が大変参考になり、親として考えさせられるものなのです。

親野先生は「そもそも『左利きを直す』という言葉自体に、差別的発想がある」と言います。左利きを直すといった発想は、「右利きが良い」とされる、社会が作り出してしまった発想なのかもしれません。
しかも左利きの子を持つ親にとって気になるのが

「利き手を直すのは、子どもにとって簡単なことではありません。なので、大人にいくら『右利きに直しなさい』と言われて、子どもがその気になっても、思い通りに直せないでいると、自分の能力や努力不足のせいと思い込み、自信を失くしてしまう可能性があるのです。」出典:http://iko-yo.net/articles

といった言葉。確かに、左利きは誰かに言われてなるものではなく、自然と生まれた時から自分で「使いやすい方の手」を選んだ結果です。その使いやすい手ではなく、強制的に別な手を使わされるということは、小さな子どもにとってはとても大きな負担になるでしょう。「左手を使うと親に怒られる」といった環境は、子どもの自尊心を傷つけることになるというのもうなずけます。

左利きは子どもの個性!

shutterstock_41202460 (1)
出典:http://itmama.jp
昔は「皆と同じようにする」ことを大切にしてきた日本も、今は個人の個性をとても大切にする世の中に変わってきています。それと同様に、左利きということは、その子にとっても大切な個性のひとつだと考えるべきなのかもしれません。親野先生は言います。

矯正により子どもを苦しませるぐらいなら、左利きという個性をセールスポイントにするぐらいの気持ちで子育てをしてほしいです。実際、今の時代は、『人と違う個性がセールスポイントになる時代』『自分の特色を最大限生かせる時代』なのです。まずは、子どもに左利きであることに自信を持たせてほしいです。」出典:http://iko-yo.net

世の中で個性として認められつつあるとは言っても、左利きの人は人口の中では10%前後の割合だと言われています。残りは右利き、ということなので、やはり特別な目で見られてしまうことがあるのは否めません。特別な目で見られていまうことに戸惑ってしまう子もいるでしょう。

左利きのメリットやすごさを子どもに伝える

そんなときには親の出番です。子どもに左利きのメリットや、すごさを伝えることで左利きに自信を持たせてあげることが大切。

左利きは右脳が発達していて、イメージによる把握や直感的な理解に優れているので、芸術家や独創的なひらめきを持つ、天才の割合が多いと言われています。」出典:http://iko-yo.net

左利きは天才が多い、とも言われています。実際に有名な発明家やスポーツ選手、政治家などには左利きの人が多く存在しています。
mig (1) (1)
出典:http://matome.naver.jp

例えばアメリカの大統領は左利きが多いことでも知られています。現在のオバマ大統領も左利きですが、元大統領にもクリントン、ブッシュ、レーガン、フォードと遡ると、右利きよりも左利きの大統領の方が多いのです。
8692d0d213e8908cd17d0e1f44917253-209x300 (1)
出典:http://xn--k9j7h6dxd060vrejpicy02g.com
アインシュタイン、エジソン、ニュートンなどの発明家も左利きでした。スポーツの世界でも、左利きの選手が多く活躍しているのは知られています。野球でもサッカーでも、左を使える選手は大変重宝され、求められています。

そういった、左利きだからこその素晴らしさを左利きの子どもに伝え、自分に自信を持たせることができるのは親の役目なのかもしれません。

左利きの子を持つ親は「社会をよりよくして行く」くらいの気持ちを

20160108165353 (1)
出典:http://mama.shufunotomo.co.jp
今の社会状況、左利きを個性としてとらえていく傾向にはなってきていますが、左利きでも全く不自由しない世の中になっているとはまだ言えません。右利きによる、左利き差別が完全になくなっているわけではありません。そんな社会をより良くしていくぐらいの気持ちを、左利きの子どもを持つ親は持つべき、と親野先生は言います。

左利きを直すことに時間を割くよりも、自分が好きなことに打ち込める時間を取った方が子どもにとって将来のためになります。」「左利きの子どもを持つ親には、『自分たちが社会をより良くしていく』くらいの気持ちを持ち、子どもの個性を伸ばしてほしいです。矯正せずにいることで、いかに右利き優先の社会になっているかを世間に訴えることもできます。」出典:http://iko-yo.net

人間はみな、同じではありません。誰もが「自分」を持って生まれ、生きて行きます。左利きだって同じこと。産まれたときからの個性のひとつなのです。左利きの人たちが、自分の個性を殺して生きていく必要がなくなるぐらい、左利きの人が生活しやすい世の中を作って行かなければいけませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事