いざというときペットは?「同行避難」のための対策とは

ライフスタイル

デモHHJ
出典:https://animalsquare.jp

地震や台風、噴火や大雨……災害のニュースが尽きない日本。「避難」という現実がいつ自分の身に降りかかってもおかしくありません。

いざというときのために対策は立てていても、心配なのは家族の一員であるペットのこと。言葉を話せないペットをどうしたら守れるのか、「同行避難」するための対策を紹介します。

「同行避難」って?

デモBKBK
出典:http://www.bosaijoho.jp

災害などで自宅を離れて避難する必要が生じたときに、飼い主と一緒にペットを同行させることを言います。

政府も同行避難を推奨しており、ペットと一緒に避難するための便利グッズも市販されるようになってきました。

デモBKBBJK
出典:http://girlschannel.net

推奨されているからといって、何かあった時には必ずペットと一緒にいなければいけないということではありません。

避難や救助の状況によっては、ペットを連れて出ることが困難な場合もあります。その際にはまず、飼い主が自分自身の身を守ることを優先しましょう。

飼い主が無事であれば後でペットを迎えに帰ることも可能ですが、飼い主の身に万が一のことがあれば、ペットの命も守れないということを肝に銘じましょう。

デモ9Y98Y
出典:http://sururushirasu.blog100.fc2.com

また、避難先の状況によってはペットの受け入れが難しいケースもあります。絶対に一緒にいなければいけないというわけではなく、状況に合わせて別々に避難することもあるということを覚えておきましょう。

いまからできる対策は?

災害などの非常時には人間と同じようにペットも興奮状態やパニックに陥る危険があり、普段通りの行動をできない可能性も考えられます。そんなときでも同行避難できるようにするには、日頃からの対策が大切です。

首輪にプレートを付ける

NKJJB
出典:http://item.rakuten.co.jp

もしペットとはぐれてしまっても、生きてさえいれば再会の可能性は十分あります。そして、どこの誰に飼われているペットなのかがわかれば、その可能性はぐっと高まります。

キャリーを用意する

デモBKJBBJB
出典:http://www.cainz.com

普段おとなしいペットでも、非常時には飼い主ですら抱っこできない状態になる可能性があります。

飼い主以外の人でも安全にペットを持ち運べるようにキャリーを用意して、ペットをそれに入ることに慣れさせておきましょう。

また、避難先でもこういったスペースを設けてあげることがペット自身と周りの人たちへの配慮になります。

大きめの洗濯ネットを準備

デモVJHVH778
出典:http://nekoninaritai.net

猫やうさぎなどはそのまま抱き上げると暴れて逃げてしまうことも。洗濯ネットに入れてあげると適度に目隠しされて落ち着きますし、呼吸困難の心配もありません。

リードに慣れさせる

デモJV5E56
出典:http://chonmagekanon.blog.fc2.com

リードも避難時には役立つアイテム。犬であればリードを付けて日常的に散歩しますが、猫などほかの動物は経験がない場合も多いですよね。

飼い主の装着の練習も含めて、できれば小さいうちから慣れておきたいものです。

ペットフードをストック

デモBK98
出典:http://www.acornstyle.com

同行避難が推奨されているとはいえ、支援は人間が優先になりがち。ペットフードを避難先で入手するのはとても難しいでしょう。

自宅に備蓄しておけば、状況によっては取りに帰ることも可能かもしれません。持病がある場合はお薬も普段から余裕をもってもらっておきましょう。

いつどこで何が起こるかわからないのが災害の恐ろしいところ。あらかじめできる対策は万全にしておきたいですね。

参考はこちら1. .

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事