一度は乗ってみたい日本のユニーク電車5選

旅行

首都圏にお住まいの皆さんが毎日のように乗る電車。満員電車は、ストレスを感じる対象でしかないかもしれません。
しかし、日本全国には趣たっぷりの電車がたくさんあります。今回は、そんなユニークな電車を全国から厳選してご紹介します。内装・外装も個性的なものばかり。

1. 風鈴電車

cached
出典 http://blog.livedoor.jp
cached-1
出典 http://takasaki.keizai.biz
夏の情緒を感じられるユニーク電車が、群馬県の中央前橋駅~西桐生駅間を走る上毛電鉄の「風鈴電車」。毎年8月になると、車内にはアサガオなどの夏らしい装飾とともに風鈴が取り付けられ、チリーンチリーンと涼しい音が響きます。最近では、公募した俳句・川柳の中から選ばれたものを風鈴に取り付けるなどのイベントも行っているそう。目と耳の両方に爽やかな刺激を与えてくれるこの電車なら、季節も感じ取ることができます。

2. こたつ電車

cached-2
出典 http://viewer.fc2web.com
cached-3
出典 http://www.madameriri.com
岩手県の久慈~田野畑間を走る三陸鉄道の北リアス線です。ドラマ「あまちゃん」の舞台になったこともあり話題になりました。車内の座席部分が掘りごたつになっており、夏の間はお座敷列車として、冬は列車内でこたつに入ってヌクヌクできてしまう「こたつ列車」へと変身。冬一番の人気列車であるこのこたつ列車では、北国のほっこり感を味わえるだけでなく、岩手版なまはげ「なもみ」が登場するなど、乗客を楽しませる演出も施されています。冬にはぜひ利用してみたい電車です。

3. たま電車

cached-4
出典 http://www.madameriri.com
cached-5
出典 http://www.madameriri.com
外から中まで猫、猫、猫。民間で初めてねこ駅長に就任した「たま」が有名な和歌山電鐵貴志川線。2009年に「ネコロジカル(ネコ×エコロジカル)」をコンセプトにデザインされたこの電車は、背もたれから座席までいたるところにたまちゃん尽くし。計101匹もの猫模様が描かれており、車内に入るとテーマパークに入ったかのよう。ねこの可愛さに癒される電車ですね。

4. おもちゃ電車

cached-6
出典 http://rail.hobidas.com
cached-7
出典 http://ckoro.ru
「おもちゃ電車」は、同じく和歌山電鐵貴志川線を走るユニーク電車です。子供も大人も楽しめるようにと2007年にデザインされたこの電車には、遊び心満載の工夫があちらこちらに。カラフルな木製のつり革から、座席間の木馬、さらにはガチャガチャマシーンまで。どこか懐かしくもあり温かみもあるその雰囲気。ガチャガチャマシーンを電車内に搭載したのは、この電車が世界初だそうです。

5. ななつ星 in 九州

cached-8
出典 http://photo.sankei.jp.msn.com
cached-9
出典 http://photo.sankei.jp.msn.com
列車内だということを疑いたくなるほど壮麗なのは、「ななつ星 in 九州」。博多を出発し、九州とぐるりと周遊する豪華寝台列車です。和をテーマに、外装、内装、調度品にまでこだわったななつ星はなんと総工費約30億円。全客室にシャワー&トイレ完備と、機能面においてもこれでもかといったくらいに贅沢な造りは、まさに動くホテル。最も高価なコースは1室2人で最高約113万円と、値段的にも七つ星な当列車。
いかがでしたでしょうか?日本にもこんな個性的な電車があったんですね。移動手段として利用するだけではなく、電車を「目的」に旅行をしてみるのもいいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

旅行」カテゴリの人気記事