ポケモンGOで私生活がバレバレ?!プレイ時に気をつけたい4カ条

エンタメ, ライフスタイル

世界的な大ブームを巻き起こしているアプリ「ポケモンGO」

大ブームのポケモンGO
出典:http://womankind.hatenablog.jp

日本でもついに配信が開始され、毎日スマホの画面とにらめっこしている人も多いのではないでしょうか?

日本国内外でポケモンGOに関係する事件事故が起こっていて、注意が呼びかけられています。

内閣サイバーセキュリティセンターからもこんな呼びかけが出される事態に。

「池になんて落ちないから大丈夫」と思っているそこのあなた。

危ないのは池や崖だけではないようです。

アプリの設定や遊び方次第では、あなたのプライバシーが筒抜けになっていますよ!

ポケモンGOを楽しむ上での大事な注意ポイントをお伝えします!

①ルアーモジュールで居場所を特定

ポケモンの出現率を上げる「ルアーモジュール」。

このアイテムを使ったユーザーの特定は、知っていれば簡単。

ルアーモジュールの効果は30分間持続しますので、「いまから30分以内にここにいた」ということがわかってしまいます。

家を空けているということで、空き巣の被害も考えられます。

花びら模様が出ると、これを見つけた近くのユーザーがポケモンを求めて集まってきますね。

犯罪目的で近づいてくる人がなかにいないとは限りませんので、ルアーモジュールを使うときは気をつけましょう。

ルアーモジュールは、できるだけ同じ場所、同じ時間に繰り返し使わないようにしましょう。

行動範囲が特定される原因になります。

自宅付近や学校、勤務先など、いつもよく行く場所で使うのは避けたほうが無難です。

②アカウントは連動しない・本名を使わない

Googleアカウントと連動しない
出典:http://sasurai.hatenablog.jp

FacebookやLINEなど、SNSを本名で利用している人も多いですよね。

アプリのアカウントに自分の名前を使うことに抵抗がなくなっているかもしれません。

ただ、ポケモンGOの場合にはアカウント名に本名を入れるのは危険。

Googleアカウントとの連動もやめましょう。個人情報と居場所がリンクし、犯罪に巻き込まれる危険が増してしまいます!

③SNSにスクリーンショットをアップしない

SNSに投稿は危険
出典:http://www.gizmodo.jp

レアなポケモンを見つけたら、その写真をアップしたくなる気持ちもわかります。

が、とても危険!

ポケモンGOの地図画像をインターネット上に投稿するのは、居場所を丁寧に地図付きで伝えているのと同じこと。

写っている建物で居場所特定
出典:http://odawara-castle.com

そこに写った建物や電柱に書かれた住所でも、現在地はバレバレ。

誰かがあなたを見つけようと思えば、簡単にそこにたどり着けますよ!

④盗撮する気がなくても、盗撮しているかも

盗撮していませんか?
出典:http://buzz-netnews.com

外国では、「ポケモンGOをしていたプレイヤーが、盗撮されていると勘違いした人に射殺される」という事件がありました。

プレイヤー本人は自覚がなくても、カメラを向けた先にいる人にとっては不快ですよね。

「盗撮してるんじゃ?」と思われるだけでなく、気付かないうちに盗撮している人もいるのが事実。

画面に他人が写りこんでいませんか?

番外編:プレイしていなくても注意

歩きスマホは危険
出典:https://middle-edge.jp

街中にプレイヤーがたくさんいる状況では、プレイしていなくても注意が必要。

プレイ中だと見せかけた盗撮事件も起きています。

また、残念ながら歩きスマホが多いのも現状。

プレイヤーでなくても、交通安全にくれぐれもお気を付けください。

ポケモンGOを楽しむときには、身を守ることはもちろん、まわりへの配慮を忘れてはいけませんね!

歩きスマホはNG。ごみのポイ捨ても絶対にやめましょう。

みんなで楽しくプレイしましょうね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ, ライフスタイル」カテゴリの人気記事