ペットを飼う=ペットショップだけじゃない!知ってほしい「里親」

ライフスタイル, 動物

動物を見たり、接したりすると、どうしてあんなに心が安らぐのでしょう・・・。

かわいいイヌ
出典:http://prcm.jp/

疲れて家に帰ってきた時、かわいいペットが出迎えてくれたらいいな。
なんて思う方もいると思います。

では、もし、ペットを飼おうと思ったら、あなたはどこでペットを探しますか?

ペットショップ?
ブリーダー?

多くの方がこのどちらかを選択すると思いますが、実は知ってほしい選択肢もあるのです。

それが、「里親」です。

「里親」とは

ペットと飼い主 犬
出典:http://nanapi.jp/

「里親」は、ペットショップやブリーダーからペットを買ったり、
知り合いから引き取るのではなく、
「保健所」などの公共の機関から、飼い主を待っている子を引き取ることです。

公共の里親募集機関としては「保健所」や「動物愛護センター」、「動物保護センター」などが挙げられます。呼び方はいろいろですが、一定期間動物を保護した後、引き取り手の見つからなかった犬猫の殺処分を担当しています。公共機関から里子を見つけて養子縁組することは、犬を「独りぼっち」から救い出すのではなく、「殺処分」から救い出すという意味合いを強く持っています。
出典:http://www.koinuno-heya.com/

「保健所」などにいる動物。
引き取り手がいない場合、一定期間が過ぎると「殺処分」になってしまいます。
「里親」は、そんな悲しい運命から動物を救い出すことができる制度です。

最近はテレビや映画などでも取り上げられることが多いので、ご存知の方も増えていると思います。

動物保護活動に力を入れるセレブたちも増えている

セレブというと、高級な家で、ペットショップなどで買った血統書付きのセレブペットと暮らしているイメージがありますが、動物の保護活動に力を入れている方も多く、実際に「里親」となっている方もいるようです。

アマンダ・セイフライド

アマンダ・セイフライドと犬
出典:http://p.twipple.jp/

女優として活躍するアマンダ・セイフライド。
保健所から犬を「里親」として引き取り、家族として暮らしているそうです。
「彼は私にとって息子のようで、私の友達や周りの人たちにとって光のような存在なの。」
というアマンダ。

「もし次にペットを飼うのならどうかシェルターや保護団体で引き取ってください。みんなで協力したら、施設の子たち全員を救えるから!」
と、動物愛護団体のキャンペーンにも賛同しているそうです。

サンドラ・ブロック

1b56f899edfe768f6dda917f65cc7cb2[1]
出典:http://petbiyori.com/

「里親」という制度がよく知られるようになってきていますが、ハンディキャップのある動物はなかなか引き取り手が見つからないのが現実。

サンドラは、そんなハンディキャップを持つ犬を積極的に引き取っているそうで、現在片足や片目を失った小型犬3匹を引き取っているそうです。

アリアナ・グランデ

アリアナ・グランデ 動物保護
出典:http://tr.twipple.jp/

養犬を迎え入れるなど、動物保護に力を入れているアリアナ。
そのほかにも、犬のおもちゃなどを提供しているBarkBoxと協力し、15匹の保護犬を助ける活動を行うとSNSを通じ発表。
自身のコンサートでも発表し、養犬を迎え入れる際にかかる「養犬費」をアリアナが負担を支払い、ファンは無料で引き取ることができるそうです。

シャーリーズ・セロン

シャーリーズ・セロン 里親
出典:http://petbiyori.com/

シャーリーズ・セロンも4匹の犬を里親として引き取りました。
ペットショップで犬を買うのではなく、家族としての犬の命を救いたいと考えているのだそう。

ほかにも、「里親」としてペットを引き取っているセレブはたくさんいるんです。
素敵ですよね。

ペット 家族 かわいい
出典:http://www.motherearthnews.com/
欧米などでは、ペットショップで動物を販売することを法律で禁止している国も増えてきているそうです。

ペットを飼いたい!
そう思ったら、「里親」の制度のこともぜひ思い出してみてください。

「里親」になるということは、大切な家族を迎え入れることができるだけではなく、
「大切な一つの命を救うこと」にもなるのです。

人間の都合で悲しい運命を迎えなくてはいけないペットを少しでも減らすため。
是非、ペットを飼う際の選択肢の一つとして思い出してもらえたらと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 動物」カテゴリの人気記事