ディズニー映画の新たなヒロインは南国の少女「モアナ」!どんな女の子なの?

エンタメ, ライフスタイル

ディズニー映画のヒロインは、女子の永遠の憧れ…。子供から大人まで世界中で愛されています。記憶に新しいのは、「レット・イット・ゴー」で一世を風靡した「アナと雪の女王」のアナとエルサ。今回のヒロインは前回の「アナ雪」の話と違って、南国のヒロインなんです。今回は新作のディズニー映画、「モアナと伝説の海」のモアナについて紹介します。

☆女の子たちの憧れ♡ディズニーのヒロイン♡

これまで公開されたディズニーの長編アニメーション映画は55作。第1作目の「白雪姫」から数々のディズニーヒロインが誕生しました。

特に有名なのが、白雪姫、シンデレラ、オーロラ姫、ジャスミンで、最近ではラプンツェルやアナとエルサの人気も高まってきています。

◎アナとエルサはプリンセスではなかった!?

-Uiln_m3
出典:http://matome.naver.jp

ヒロインといえば、ディズニープリンセスのイメージですね。実はヒロイン全員がプリンセスではなく、公式のディズニープリンセスは11人と言われています。

11人のプリンスは

白雪姫(「白雪姫」1937年)
シンデレラ(「シンデレラ」1950年)
オーロラ姫(「眠れる森の美女」1959年)
アリエル(「リトル・マーメイド」1989年)
ベル(「美女と野獣」1991年)
ジャスミン(「アラジン」1992年)
ポカホンタス(「ポカホンタス」1995年)
ムーラン(「ファ・ムーラン」1998年)
ティアナ(「プリンセスと魔法のキス」2009年)
ラプンツェル(「塔の上のラプンツェル」2010年)
メリダ(「メリダとおそろしの森」2012年)

と言われています。

プリンセスといえば、先ほど挙げた6人が人気なので、こんなにいたんだという人もいるようです。

あれ?アナとエルサは?と思う方も多いのではないでしょうか?

31422549
出典:http://prcm.jp

アナとエルサは実はディズニープリンセスではありません。表記のみプリンセスとなっていますが、正式なディズニープリンセスの仲間入りはしていません。

まあエルサは女王なのでしかたがないのかもしれませんが、アナは入ってもいいのではないかと思います。

実際アナ雪の人気は史上最高と言われていますし、ディズニープリンセスと思っている人も多いので、今後追加されることもあるかもしれませんね。

☆モアナってどんな子?

CMGb6b32942-663d-43bb-b320-4f379c2beb05_attach1
出典:http://matome.naver.jp

ディズニー長編アニメーション映画56作品目となる「モアナと伝説の海」はディズニー市場初となるポリネシア人プリンセスの物語になります。

この映画のヒロインがモアナです。

モアナは由緒ある航海士の家系の末裔。モアナが民話に語られた島を探す冒険の旅に出て、マウイの伝説の半身半人のマウイや豚のプア、ニワトリのヘイヘイと出会い、一緒に冒険する物語です。ちなみに舞台は約二千年前の古代の南太平洋の海と島々です。(わかりやすく言うとハワイの海です。)

CnxV8D_UsAAN89A
出典:http://tr.twipple.jp

上はモアナの幼いころの写真です。とってもかわいいですね。この幼いころに、ちょっとしたことがきっかけに、「海から愛される」という特別な力を持つようになります。

59650146
出典:http://prcm.jp/album

写真で見てもらうとわかるようにモアナが海と遊んでいるように見えます。映画の中ではモアナの前では海がキャラクターとしての一面を見せています。

とても美しくまぶしい海の存在感にも注目してほしいですね。

◎歌声や楽曲も!

モアナイメージ画
出典:http://yorozu-do.com

長編アニメーション映画で毎回魅力的なのが、楽曲やキャラクターの歌声。

アメリカの映像では軽快なリズムで踊るマウイの姿が確認できるので、ハワイの海らしい軽快で魅惑的な音楽を聴くことができるかもしれませんね。

☆日本での公開日は2017年3月10日!

38046494
出典:http://prcm.jp

アメリカでは2016年11月23日公開予定ですが、日本での公開は2017年3月10日です。

モアナは「情熱的に夢を追う負けず嫌いの女の子」でアクションあり!感動あり!の名作になる予感がする「モアナと伝説の海」。

ちょうど季節はまだまだ寒いので、モアナの冒険を見て、ぽかぽか温かい気持ちになりたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ, ライフスタイル」カテゴリの人気記事