何とかしたい!【ドロドロ肌】7つの対処法で化粧崩れなし♪

ライフスタイル, 美容

朝、ちゃんとメイクしたはずなのに、気がついたらドロドロ肌に!
汗をかく夏はとくにこうなります。
1c57fb9f82dc347fb8ddf4f6ad8a44e0
出典:http://www.vintorte.com/
化粧崩れしない方法を色々試してみてはいるのだけれど…
小鼻はテカテカ。
汗で、顔はグショグショ。
どうしても崩れてしまうのです。

すっぴんはちょっと見せられないし。
何とかならないのかなぁー?
誰か教えて!

対処法<その1>「顔の産毛を剃りましょう」

顔の産毛を剃る
出典:http://hadalove.jp/
あなたは顔の産毛をどのくらいの頻度で処理していますか?
顔の産毛なんて、見えないからわからないよ。
気にしない、気にしない。
頻繁に顔を剃ることで逆に肌を傷つけているんじゃないかなぁー。
そう思っていませんか?
それは間違いです。
肌がくすんでいたり、化粧のりが悪いのは、実は色の薄い産毛が原因なのです。
2、3日に1回はやりすぎですが、週に1度は産毛の処理をしましょう。

肌の上に黒い産毛があると、肌がどんなにきれいでも暗くくすんで見えてしまいます。産毛を剃ると、それがクリアになって肌が一段明るく見えますよ。また、産毛を剃るときに古い角質も削れるので、肌のゴワつきもやわらぎます。産毛と古い角質がなくなると、ファンデーションが肌にピタッとつくので、化粧ののりや持ちがアップするというメリットも。

出典:http://wol.nikkeibp.co.jp/
産毛の処理方法
出典:http://www.beauty-co.jp/
・正しい産毛を剃り方
眉⇒おでこ⇒眉間⇒もみあげ⇒頬⇒フェイスライン⇒あご⇒鼻の下⇒鼻

対処法<その2>「時間を空けてメイク」

時間を空けてメイクをする
出典:http://cc-library.net/
化粧水⇒美容液⇒乳液のあと、10分くらい時間をおいてから下地を塗りましょう。
そのあと、また間隔を空けてベースメイクをすると化粧崩れを防ぐことができます。

 対処法<その3>「保湿はしっかりと」

化粧水でたっぷり保湿
出典:http://www.bscpublishing.com/
化粧水をバシャバシャたっぷりつけて肌を保湿をしましょう。
また、化粧水だけではなく朝専用のマスクもおすすめ!です♡

洗顔なしでもOK!
洗顔+スキンケア+保湿下地が一緒になったマスクです。
しかもたった1分で完了!
ベタつかないので、すぐにメイクができますよ。
購入はこちら
蒸しタオルをする
出典:http://beautytool.jp/
蒸しタオルをして毛穴を開かせてから化粧水をつけても効果的だそうです。

対処法<その4>「ベースメイクは薄めに」

薄めのベースメイク
出典:http://howcollect.jp/
メイクは厚く重ねれば重ねるほど、化粧崩れの原因になります。
下地のあと、コンシーラーを気になる部分に塗って、薄めに仕上げるのがポイント!
ベースメイクはフェイスブラシで塗る
出典:https://locari.jp/
ベースメイクは指先で塗るよりも、フェイスブラシの方が綺麗に仕上がります。
資生堂ファンデーションブラシ131
出典:http://petit-mall.jp/
薄づきで毛穴もしっかりカバーしてくれるファンデーションブラシです。
パウダリー・リキッド・クリームタイプ、どのファンデーションでも使える優れもの。

購入はこちら

対処法<その5>「メイクは明るい場所で」

メイクは明るい場所で
出典:https://www.cosme.net/
光によってメイクの濃さって違うんですって!
LEDの昼白光または蛍光灯と白熱灯のミックスが理想の明るさだそうです。
メイクは大きめの鏡を使う
出典:https://4meee.com/
小さい鏡だと顔のバランスが取れません。
メイクをするときは全体が写るような大きめの鏡を使いましょう。

対処法<その6>「顔は触っちゃダメ!」

顔は触っちゃダメ!
出典:https://nicoly.jp/
無意識で顔を触っていませんか。
顔触れば、化粧は崩れます。
化粧崩れをなくすには、顔を触るのはやめましょう。

対処法<その7>「自分に合った化粧下地を選択」

自分に合った化粧下地を選択
出典:https://www.cosme.net/
おすすめの化粧下地でも、あなたには合っていなのかもしれません。
色々試して、自分に合った化粧下地を選びましょう。

いかがでしたか。
化粧崩れで悩んでいるみなさん、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 美容」カテゴリの人気記事