大人になった今だからわかるジブリのあのシーンの深さ作品集

エンタメ

その年代なりに感じる良さがある

500x0_57b1d49e-3510-4c62-9625-07180a010319.jpg
出典:http://maki317.blog.fc2.com

スタジオジブリの作品て、どうしてこんなにも多くの人たちに変わらず愛され続けているのでしょうね。

パパ、ママたちも小さな頃から見て育ってきたジブリアニメを、今は自分の子どもたちと見ているというご家庭も多いですよね。

そうではなくて、自分が大人になってあらためて見てみたら、子どもの頃には感じなかった想いがこみ上げてきて、思わず涙がこぼれてしまった、という人も多いと思います。

小さな子どもの時には子どもなりの、思春期にはその年頃なりの、大人になったらなったらなったなりの、それぞれの目線で感動してしまうのが、ジブリ作品の魅力なのかもしれません。

今回は、そんなジブリ作品の中から、大人になったからこそ気づく名シーンを集めてみました。

あなたの涙腺は、どんなシーンで緩みますか?

名作「となりのトトロ」には家族の愛がいっぱい

トトロ1
出典:http://ciatr.jp

「みんな笑ってみな、おっかないのは逃げちゃうから」

引っ越してきたばかりのボロ家で、みんなでお風呂に入っている時のお父さんの言葉です。

怖さもみんなで大声で笑い飛ばす、怖さや不安に襲われそうになったとき、このシーンを思い出すという人も。

93c05146
出典:http://blog.livedoor.jp

エンドロールにさりげなく映り込む、お母さんとのお風呂のシーン。

これを見て、ほっと胸をなでおろした人も多いはず。

「魔女の宅急便」には勇気の元が詰まってる

トンボ
出典:http://ciatr.jp/

「才能をいかした仕事だろ、ステキだよ。」

キキが仕事に自信をなくして落ち込んでいた時に、トンボがこんな言葉をかけます。

周囲の人に反対されても、一人でもこうやって自分を応援してくれる人がいたら頑張れますよね。

ウルスラ
出典:http://ciatr.jp/

「 絵、描くの楽しくてさ。寝るのが惜しいくらいだったんだよ。それがね、全然描けなくなっちゃった。描いても気に入らないの。それまでの絵が誰かの真似だって分かったんだよ。どこかで見たことがあるって。自分の絵を描かなきゃって…。」

これはウルスラの言葉です。
大人の心にこそ、するどく響く言葉ですね。

飛べなくなって悩んでいるキキに、ウルスラが「そういう時はジタバタするしかないよ」というシーンも、なんだかとても共感できます。

「魔女の血、絵描きの血、パン職人の血。神さまか誰かがくれた力なんだよね」
これもウルスラの名言。

毎日子育てに頑張るママたちにも、もう一度ゆっくり見て欲しい作品です。

おソノ
出典:http://ciatr.jp/

「大きな町だから、いろんな人がいるさ。でも、私はあんたが気に入ったよ」

おソノさんがキキの傷ついた心をさっくりとフォローしてくれるシーン。

自分もこんなふうに、他人の個性を尊重できる人になりたいと思わせてくれました。

「耳をすませば」は人生を応援してくれる

父
出典:http://ciatr.jp/

「人と違う生き方はそれなりにしんどいぞ。何が起きても、誰のせいにもできないからね。」

物語を書いて生きていきたいと言う雫に向かってお父さんが語る言葉には、夢に向かって進もうとする娘を見守る、あたたかな父親の深い愛情を感じて感動的でした。

人生の先輩として、我が子にも後輩にも、こうやって接することができる大人でありたいものです。

バロン
出典:http://ciatr.jp/
「遠いものは大きく、近いものは小さく見えるだけのこと。」

バロンのこの言葉こそ、自分がちっぽけな存在に思えて落ち込んだり、逆に自分を奮い立たせるときに思い出したい名言です。

実は今自分が持っているもののすごさに、気づいていないだけのことかもしれないし、途方もなく遠い夢に思えても、近づいてみたら案外手が届くものだったりするのかもしれない。

そんなことをあらためて考えさせられます。

おじいさん
出典:http://ciatr.jp/

雫の書いた物語を読んで、「よくがんばりましたね。あなたは素敵です。」とほめてくれたおじいさん。

自分が本気で頑張ったときに、それをちゃんとわかって認めてくれる人がいるって、それだけで幸せなことですね。

ジブリ作品は愛に溢れている

ラピュタ
出典:http://www.rakuten.co.jp

ジブリ作品に共通しているのは、人類や自然、生きとし生けるものへの限りない愛。

だからこそ、年代を超えて多くの人に愛され続けるのではないでしょうか。

個性豊かな登場人物たちの発する何気ないひと言の中にも、そんなメッセージが散りばめられていて、見るタイミング、自分がおかれている環境によって、感情移入してしまう対象が変わってしまうことも。

だからこそ、ジブリ作品は何度見ても感動できるのでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事