芸能人が新宿ニ丁目通い!その道を極めるには避けて通れない!?

エンタメ

有名芸能人や俳優が、こぞって通うと言われる新宿二丁目。どんな世界か想像もつかないですよね・・。

どうやら演技でゲイの役を演じる際に、役作りとして通う人が多いのだとか。新宿二丁目には多数のゲイバーが集まっているそうです。その道を極めるには避けて通れない新宿二丁目。新宿二丁目通いをしていた人には、意外な人も・・。

林遣都&RIP SLYME・SU

俳優の林遣都(はやし けんと)さん。2016年には4本の映画に出演し、今大注目の若手俳優です。
無題
出典:http://www.oricon.co.jp
その林遣都さんが9/10に公開される映画「にがくてあまい」で、ゲイの菜食主義者・片山渚を演じています。その役作りの為に、新宿二丁目に通っていたそうです・・!しかも同作品で共演したRIP SLYME・SUさんも、一緒に通った時もあったとか。
su
出典:http://ticketcamp.net
結構オドロキですよね。

監督から「料理を最低限やっている風に見えることと、ゲイという部分は上っ面だけにしてほしくない」と言われた

出典:http://www.sponichi.co.jp
そこまで本気で役作りにこだわったと言う事なんですね。まさしく役者魂です。

「バカみたいにモテるから!バカだよねえ…」と吐露した。

出典:http://www.sponichi.co.jp
RIP SLYME・SUいわく林遣都さんは、かなり”その道”でもモテたようで・・。本当に男前ですもんね!

安田顕さんも、実は通っていた

俳優の安田顕さんも、役作りのために新宿二丁目に通っていたそうですよ。
IMG_0930_f-1024x683
出典:http://getnews.jp
安田顕さんは10/4公開の主演映画「小川町セレナーデ」でオカマのダンサーを演じられました。
「オカマのダンサー」って、難しい役どころですよね(苦笑)
165720_01
出典:http://movies.yahoo.co.jp
この「小川町セレナーデ」のポスター画像を見て頂くと分かる通り、どこから、どうみても「オカマのダンサー」に見事、成りきっていますね!これも新宿二丁目に通って、役作りの勉強をしたからこそでしょうね!

妻夫木聡さん&綾野剛さんも

9/17公開予定の映画「怒り」に出演されている俳優の妻夫木聡さんと、綾野剛さん。この映画の中で2人は同性愛者の恋人同士を演じています。この2人も役作りの為に、新宿二丁目に通っていたようです。

「役作りのためにこんなにお金使ったことないくらい(新宿)2丁目に通ったり、ゲイの友達とパーティーしてみたりとか、中でも剛とは一緒に住んだりもしたので、いろんな思い出が残っています」と、徹底した役作りを明かした。

出典:http://mantan-web.jp
新宿二丁目で遊ぶって、お金がかかるんですね。役者さんの役作りも大変です。一緒に生活をしていたのも自主的に、だったようですよ。お2人共、徹底的に役作りをされたんだと思います。
478446_615
出典:http://news.walkerplus.com
この映画では妻夫木聡さんと綾野剛さんの濃厚なキスシーンとラブシーンも話題になっているようです。

それにしても、ゲイにまつわる映画が最近多いですねww

北村一輝さんも新宿二丁目に通ってました

6504dc36ac453c31e9ab218e4ee7ec28
出典:http://ciatr.jp
演じる役には徹底的に入れ込むと言われる北村一輝さん。

1本の映画でチンピラ役を演じるためだけに、実に11本もの歯を抜いたり削ったりした結果、差し歯となってしまったんです。

出典:http://1min-geinou.com
のだとか。しかも11本もの歯を抜くなんて、なかなか誰にでも出来る訳ではありませんよね・・。

そんな北村一輝さんも1997年公開の映画「鬼火」の中で、「ゲイバーのママ役」を演じる事になった際に新宿二丁目に通っていたそうです。
a4a35b08753356f797f0a5b3d049d13d
出典:http://ciatr.jp

ゲイの集まるスポットとして有名な新宿二丁目にて本場のゲイの実態を把握しようと来る日も来る日も通っていたといいます。
その際ゲイバーに入るお金がなかったため、店の通りに立ち客に声をかけてもらって一緒に入店したというのです。ゲイの事を教えてくれと言うと、ゲイの方々から「やってみないとわからない」と様々な誘いを受けたこともあったそうです。

出典:http://ciatr.jp
この映画での演技は、本物のゲイを思わせるような仕上がりだったそうです。徹底的に役作りの勉強をした結果だと言えますね。

新宿二丁目通いの目的には、「役作り」というプロ根性が背景にあった訳です。現在、新宿二丁目には400件を超えるゲイバーが有るそうです。きっと、とても奥の深い世界なのでしょうね・・。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事