77年間の結婚生活の集大成で感涙…結婚の良さがここにあった

ライフスタイル, 恋愛

最近SNSで話題を集めた投稿があります。

My Grandma, 96, with my Grandpa, 100, hours before her death this weekend. 77 years of marriage. from pics


こちらの投稿は、97歳の奥様の手を100歳の旦那様が握り、77年間の夫婦生活に幕を閉じる瞬間を綴ったもの。

そう、天国へと旅立つ奥様のことを旦那様が優しく手を握り、見守っていたのです。

暖かいベッドで眠り、77年間連れ添った伴侶に手を握られて生涯を終える、なんとも素晴らしい瞬間でしょうか。
この投稿を見たユーザーからは、冥福の言葉と共に、夫婦の愛を称えるたくさんのコメントが投稿されています。

「こんな夫婦みたいになりたい。」

そう思う人も多いことでしょう。

誰もが思い描く理想の夫婦とは、こちらの夫婦のことを言うのかもしれません。

結婚とは何なのか

未婚化や晩婚化が進むとともに、少子化も進み続けていて、とどまる気配がありません。
政府が立ち上げる政策があると

「こんなことをして何になるのか」
「他にしなきゃならないことがあるだろ」
「解決策が根本的に間違っている」

政策に対しての意見や不満などは後を絶ちません。
結婚するためには、まず出会うことが必要です。
そして、金銭的問題や価値観などを共有できて、乗り越えることができる相手と巡り合うことが大切になってきます。


しかし、近年の若者たちの中には、あらゆる困難を乗り越えなければならないのなら、そこまでして結婚をしたいと思わない人が増えていて、そのため未婚化・晩婚化が進んでしまっているそうです。

結婚の良さ

結婚とは、人生においての最大の決断と言えるものでして、人間的に成長するために必要なことだと言われています。

一昔前は、結婚は親が決めていたことがほとんどでした。
好き嫌い云々というよりも、家同士のつながりや経済面などが重要視されていたのです。
同時に、男性が働いて稼ぎ、女性は家のことをするという役割分担がしっかりとされていて、生活を保つための手段として結婚をしていたということがわかります。

現代の日本の場合、生活においての役割分担、経済的問題の他にも、相手のことが好きかどうか…というものが加わっています。
そのため、結婚とは「人間的に成長するためのもの」だという意味に変化したそうです。

Twitterでは、結婚の良さについて、いろいろなつぶやきがされていましたので紹介したいと思います。

様々な形の結婚の良さがありました。本当に人それぞれ違っていますね。

自分で見つけることが大切

好きな人と結婚をする。
それだけでも人生において厚みが出ると言えるでしょう。
しかし、結婚に対しての価値観は人それぞれ違います。
生活していくためには結婚しなければならないような時代とは違い、女性の社会進出も進んで自立した女性が増えてきました。
そのため、結婚をする意味というものは、それぞれが自分で見つけるしかありません。
a98a3b0c2860d4d9cd505297ac8222f7_s

子どものため
好きな人と一緒にいたい。
生活するため。

理由はそれぞれあるでしょう。
昔と今とでは結婚に対しての価値観や理由も変わってきていますが、その人にとって必要なことだというところに変わりはないはずです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

フリーラーターとして活動中。 ジャンル問わずに自由に書いています。

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 恋愛」カテゴリの人気記事