わが子が学校でいじめにあっていたら・・。対処法はコレ!

ライフスタイル

いじめ 対処法 子ども出典:https://simple.wikipedia.org

長かった夏休みも終わり、新学期突入!

子ども達は、新たな学校生活がスタートしました。

友達に久しぶりに会える!など新学期を楽しみにしている子ども達がいる反面、いじめが原因などで学校に行きたくなくなり不登校になってしまう子もいます。

普段学校でいじめられていた子どもは、自由な夏休みが終わり、他の子よりも一層、憂鬱な気分になっているかもしれません。

そんなとき、親は何をしてあげたらいいのでしょうか?

現在Twitterで話題になっている、子どもがいじめられたときの対処法をご紹介します。

Twitterで大反響!子どもがいじめにあった時の対処法とは?

いじめ 対処法 子ども出典:https://www.pakutaso.com

もし、子どもがいじめにあっていると気づいた場合、あなたが親なら何をしてあげますか?

学校でいじめにあった息子を持つ母”ぬえ”さんは、Twitterで過去に行った”いじめの対処法”を投稿。

すぐに数万リツイートを獲得するなど、多くの反響を集めました。

どのようにして、ぬえさんはいじめ問題を解決したのでしょうか?

実際にぬえさんが投稿した、いじめの対処法をまとめて紹介していきます。

学校側にいじめを解決してほしいと申し入れても、生徒同士のトラブルは対処してくれないことが多いようです。

「他の生徒に殴られた」と話しましたら色々検査してくださった上で「全治2週間」の診断書をくださいましてね。実費で治療費を払い、その領収書のコピーと診断書コピーを学校に持って行って「次に何かありましたら学校は通しません。

出典:https://twitter.com

同じように病院から診断書をもらい警察に行きますと、先方の親御さんにお伝えください。弁護士の先生とも話をしております。学校からも親御さんからも謝罪は受けません。これ以降はないとお考えください」と話しましたら、ピタッと息子への暴力はなくなりました

出典:https://twitter.com

病院の診断書のコピーを学校へ持って行ったことで、ようやく学校側も対応してくれたそうです。

さらに、次に何かあったら警察に行くと警告したのも効果的だったのかもしれません。

学校の中だけで解決しようとしても到底無理な場合は、早急に外部の手を借りたほうがよいです。病院はいいぞ、証拠を残してくれます。傷がなかろうがとにかく「痛い」と言いなさい、卑怯でもなんでもない。いじめられた側の心身は傷つけられたのだから。

出典:https://twitter.com

このような様々な対策をとり、ようやくいじめ問題を解決できたぬえさん。

暴力以外のいじめでも、とにかく外部の手を借りるのが一番のようですね。

学校と先方の保護者・生徒からの謝罪を受けなかったのはですね、学校には「ごめんなさいと言いなさい」「いいよと言いなさい」という慣習があるからです。ヘタをするとこのプロセスによって「いじめ」が「喧嘩」とみなされてしまう場合もある。謝罪は正直どうでもいい。二度とさせないのが大切なので。

出典:https://twitter.com

ただ謝罪を受けるよりも、相手側の保護者が子どもにきつく注意をし、いじめが再発しないように心掛けるのが何より重要かもしれません。

 

いかがでしたか?

いじめにあっていても、親に助けを求めずに黙っている子ども達は沢山います。

親は毎日子どもをよく観察して 何か変わった様子がないかチェックしていれば、事態が深刻化する前に問題を防ぐことができるかもしれません。

そして、子どもに世の中は学校という閉鎖された狭い世界だけではないことをきちんと、教えてあげる事も大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事