最新研究!ひ孫にまで影響しちゃう!?妊娠中の高カロリー食

妊娠

妊娠中、胎児にとっての栄養は、
胎盤を通して胎児に運ばれる血液です。
ですから、妊婦が食べるものは、胎児に大きな影響を与えます。

飲酒や喫煙が胎児に悪影響を与えることはよく知られていますよね。
それと同じように、食生活も大きな影響を与えているのです!!

ハンバーガーとポテト 高カロリー
出典:http://girlschannel.net/

砂糖や脂肪などを多く含む高カロリー食を食べ続けると、
生まれてきた赤ちゃんが肥満になりやすかったり、
病気になりやすくなるリスクが高まるといわれています!

また、妊娠中に高カロリーの食事ばかりしていたママから生まれてきた子より、
お魚中心の低カロリーな食事をしていたママから生まれた子の方が、
IQが高くなるという研究結果もあるようです。

生まれてくる子どもの体質に影響してしまう・・・。
でも、それだけじゃないんです!!!

最新研究結果!!マウスでの研究では・・・。

ビックロ 驚き
出典:http://baby-abortion.com/

胎児に大きな影響を与える妊婦の食生活。

ワシントン大学メデイカルスクールの研究グループが、
妊娠しているマウスで研究をおこなったそうです。

妊娠中のマウスに高カロリー食を与え続け、その影響を調べたのです。

高カロリー食を摂取し続けたマウスの子どもは、
メタボリックシンドロームや、糖尿病になりやすかったそうです。
そして、その性質は、ひ孫にあたる第3世代にまで影響が及んだそうです。

ひ孫にまで影響してしまうの!?

親子5世代 家族
出典:http://labaq.com/

今回の研究結果は、マウスのものです。
ですから、人に当てはまるかどうかは、まだまだ研究が必要となりますが、
絶対に当てはまらないという確証もありません。

自分が食べたものが、おなかの赤ちゃんに影響する。
生まれる前から、親は責任重大です。
そして、子どもだけではなく、ひ孫にまで影響するとなると、
少し怖くなってしまいますね。
もし、自分が食べ続けた食べ物の影響で、自分の子どもや孫、
ひ孫まで苦しめてしまうことがあるとしたら・・・。

まだまだ研究段階の結果ですが、
可能性のあることなので、妊娠中から、
飲酒や喫煙はもちろんの事、食事にも気をつけていきたいですね。

妊娠中の食事 栄養バランス
出典:http://hadalove.jp/

妊娠中はつわりがあったり、体が重くて思うように動けなかったりで、
食事にまで、気を使っていられない―という場合もあるかと思いますが、
無理をしない程度に、栄養バランスのことを考えた食事を心掛けたいですね。

だからと言って、極端にカロリーを抑えた食事をすることも、
おなかの赤ちゃんにとって良い影響を与えることはありません。
何事も、やりすぎは厳禁です!!

妊娠中でも、フライドポテトやポテトチップス、
ピザにケーキ・・・。
高カロリーのものが食べたくなってしまうこともあるでしょう。
まったく食べてはいけないということではないのです。
食べ過ぎには気をつけたいということです。

生まれてくる子ども、そして、孫、ひ孫のためにも、
妊娠中の食生活には気をつけていきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事