「こどもの詩」が心にグイグイくる~!斜め下から突き刺さる8つの感性

エンタメ, ライフスタイル

こどもの詩

ANJ77_dongurimituke20141115142302_TP_V

今、Twitterで読売新聞の「こどもの詩」コーナーが話題です。

子供の詩は、見たまんま、聞いたまんま、感じたまんまをストレートに表現します。

子供はみんな詩人なのかも。

大人になったら書けない詩の数々、どうぞ味わってください。

究極の悪意?

子供はちゃんと見てます。

夫婦喧嘩はほどほどに。

こんなにしゅっぱいレモンはない!

子供の言葉を子供のまんまに表現してて最高!

レモンのしゅっぱさが口の中で広がってきます。

ザンコクさもストレート

「しね」?

「ごめんね」じゃなかったんだ(笑)

イクメンパパも形なし

子供と遊ぶのだけがイクメンと思っているパパ。

もっとママの育児を手伝ってあげましょう。

こんな風に思われて、ママ幸せ

ママのにおいをかぐと幸せって、そんな風に子供に思われてるママは、もっと幸せ。

ママが本当に大好きなんだね。

子供あるある

「巣立っていった」と「『すだ』って言った」の勘違い(笑)

うちの子は、「蚊に刺された」を「『カニ』に刺された」と長らく勘違いしていたようです。

子供の願い

働くママは切なくなっちゃいます。

いつも待っててあげたいけど、いつもはできないママ。

気になる

これって何の音だったの?

気になって夜も眠れない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ, ライフスタイル」カテゴリの人気記事