重症になる事も・・秋の花粉症”ブタクサ花粉”に要注意!

ライフスタイル

花粉症は春の時期だけだと思っている方も多いと思いますが、様々な種類の花粉が一年中、全国各地に飛散しています。

有名なスギやヒノキだけではなく、花粉症を引き起こす様々な種類の植物が多くみられ、なかでも、秋に飛散する「ブタクサ」と呼ばれる花粉は知名度こそ低いですが、日本人の6人に一人が発症していると言われているんです。

今回は、9月にかけてピークを迎えるブタクサ花粉の、症状の特徴や注意点をご紹介します。

「ブタクサ」とは?

butakusa-300x199
北アメリカ原産の、キク科の雑草「ブタクサ」。

ブタクサという名前は英名の「hog weed」の直訳で(hogは食用の豚、weedは雑草)つけられたそうです。

見た目は美しい姿をしていますが、草本花粉に属しており、夏から秋にかけて大量の花粉を飛散していきます。

ブタクサ花粉の症患者の数は年々増えており、現在はなんとスギ、ヒノキに次ぐと言われている厄介な植物なんです。

主に野原や河原、空き地を始めとした場所に生えていますが、道端などアスファルトでも育ってしまうので、最近では都会でも増えており、完全に避けることは難しいかもしれません。

飛散のピークは8~10月!

ブタクサ花粉は毎年7月下旬から徐々に飛散し始め、8~10月にかけて飛散のピークを迎えます。

飛散距離は数百メートル程度と言われ、スギやヒノキに比べると遠くまでは飛散しません。

この時期は、ブタクサが生えている付近に近寄らないようにしましょう。

こんな症状が出る!

ブタクサ 花粉症 症状出典:http://01.gatag.net

ブタクサ花粉症になると、他の花粉症同様に目のかゆみや充血、くしゃみ、鼻づまり、のどの痛みなどの症状が出ます。

また、花粉の大きさがスギ花粉の半分以下と、かなり小さいので、吸い込むと気管支に入り込み喘息になってしまいやすいので注意しましょう。

肌トラブルも!

ブタクサ 花粉症 肌トラブル出典:http://moogry.com

さらにブタクサ花粉は、顔に吹き出物が出来たり、赤みや、かゆみが出たりと、多くの肌トラブルを伴うこともあります。

他の花粉に比べて、皮膚の症状が出やすいのもブタクサ花粉の特徴です。

深刻なケースも・・

ブタクサ 花粉症 重症出典:http://www.seijukai-watanabehp.jp

ブタクサ花粉症患者の中には、果物アレルギー持ちの方も多く、ブタクサ花粉は果物アレルギーを誘発すると言われています。

そのため、両方を併せ持っていると重症化になるケースもあるんです。

最悪の場合、果物アレルギー症状を起こすアレルゲンにより、大量の花粉が1度に体に入ってしまうとアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

果物アレルギーの方は特に要注意です。

ブタクサ花粉対策は?

ブタクサ 花粉症 対策出典:http://allabout.co.jp

花粉をガードできるマスクや、メガネや帽子などで対策しましょう。

さらに体質改善のために定期的にヨーグルトを摂ることをオススメします。

いかがでしたか?

風邪のような症状が長引いている方は「ブタクサ花粉症」の可能性もあるのでマスクを付けるなどをして対策をしましょう。

花粉に感染しているかどうかは皮膚科に行けば診断してもらえるので、上で紹介した症状が当てはまったり、この頃少し調子が悪いと感じたらすぐに病院に行くことをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事