香川県がやっぱり「うどん」に頼り切ってしまうことがよく分かる件

グルメ

出典:http://irc.iyobank.co.jp

日本で最も面積の小さな「香川県」
そんな香川県の名物と言えば「讃岐うどん」が思い浮かぶ人も少なくないでしょう。
そんな香川県は讃岐うどんで恩恵を受けているものの、「うどん以外何もない」と思われているイメージを払拭しようと、様々な試みをしています。

しかしながら、どうしても讃岐うどんに頼ってしまっている現状が浮き彫りになりましたが、よく見れば頼りたくなるのも頷けます。
今回はそんな「うどん県」の特徴をご紹介します。

香川県てどんなところ?

2000px-Map_of_Japan_with_highlight_on_37_Kagawa_prefecture_svg出典:https://upload.wikimedia.org

四国の北東を担う香川県は高松市を県庁所在地とする小さな県です。
その面積は1,876㎢、総人口は973,000人、人口こそ最下位ではありませんが、面積は日本で最小です。
ちなみに、日本で最も広い市は岐阜県高山市で、その面積は2,100㎢なので、香川県は”市”よりも小さいわけです。

香川県のうどん好きレベルが尋常じゃない!

出典:http://tokupo.jp

様々なデータが香川県のうどん好きを証明しています。
いくつかご紹介します。

【1世帯あたりの年間消費量】
全国平均6,128円
第1位:香川県12,570円 第2位:秋田県9,981円 第3位:山形県7,970円・・・
【人口10万人あたりの店舗数】
全国平均18.88軒
第1位:香川県63.96軒 第2位:群馬県43.15軒 第3位:福井県39.50軒・・・
【うどん用小麦年間使用量】
第1位:香川県60,000t 第2位:埼玉県24,700t 第3位:群馬県17,500t・・・

いかがですか?
この圧倒的なうどん力・・・あるデータ会社では「うどん偏差値」を算出しており、香川県のうどん偏差値は93を超えているようなのです・・・おそるべし、香川県。

香川最強うどん店「山越うどん」

出典:http://storage.kanshin.com

こちらは香川県民が主に投票したアンケートでNo.1に輝いた「山越うどん」です。
写真の左側に見える民家が、店主の山越さんの自宅で、奥にうどん店があります。
中には立派な庭があり、そこにうどんを持って行って好きなところで食べるのです。

出典:http://blog-imgs-29.fc2.com

奥のうどん店でうどんを注文し、中庭の至る所に設置された「だし」を好きなだけかけて食べるのです。
開放感に溢れて本当に美味しそうですね。

ちなみにメニューがこちら
出典:http://img01.ashita-sanuki.jp

今となっては有名な「かまたま」はこの山越うどんが発祥だとされています。
みなさんはこの値段をどう思いますか?
これが香川県でうどんが愛され続ける1つの理由です。

この山越うどんは雑誌で紹介されたために全国的に有名になります。
休日には日本全国からうどんを求めてお客が押し寄せます。
そのおそるべき行列がこちら。

出典:http://hasio-wataruto.c.blog.so-net.ne.jp

これだけでもすごい行列なのですが、実は続きがあります。

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

ぐる~っと回っています。
この行列は県外者も多いのですが、地元香川県民も多く訪れる確かなお店なんです。

出典:http://kosearoad.up.n.seesaa.net

ちょっとした広場は少しでも多くのお客が並べるようにコーンでくねくね並びます。
それでも入りきれないので、そのエリアに行くための行列が・・・

出典:http://blog-imgs-37.fc2.com

300人くらいの行列が1~2時間ほど続くそうで、多い日には1日数千人が来店するのだそうです。
さらにこの後ろにある大きなグラウンドを借り、車も軽く100台は停められるようになっています。
ところどころには10名くらいのガードマンも配置するというモンスター級のうどん店なのです。

それではうどんが有名な香川県でも、一層目を引く変わり種のうどん店をご紹介します。

岸井うどん

出典:http://blog-imgs-19.fc2.com

これ、ちょっと古びたビニールハウスにしか見えません。
でもよく見ると中央のビニールハウスには赤い自動販売機が見えますよね。
実はここがうどん店なのです。

出典:http://www.safari-g.com

ちなみに、エアコンがあるようですが、意味ないですよね。

日の出製麺所

出典:http://livedoor.blogimg.jp

こちらもなかなかの行列です。
駐車場がせまく、道を挟んだ反対側にも駐車場を持っています。
それでも足りずに違法駐車する人が後を絶たないので、休日には5~6名のガードマンがいるそうです。

このお店の変わり種ポイントが営業時間です。

営業時間 11:30~12:30 平日休日問わず

営業時間わずか「1時間」という驚異のうどん店。
それもそのはず、日の出製麺所はその名の通り、元々うどん店ではないのです。
土産物や他店に提供するおいしいうどんが評判で、「出来たてを食べたい」という地元民の声に応えるべく、少しだけ提供するようになったそうです。

なかむらうどん

出典:http://billion-log.com

こちらも人気のうどん店です。

出典:http://blog-imgs-45.fc2.com

なかなかの行列です。
ここもガードマンが配置されています。
こちらのうどん店がどこが変わり種かと言うと・・・

出典:http://img-cdn.jg.jugem.jp

この畑に生えているのは「ネギ」です。
そう、ここはお客が自分で畑に行ってネギを取り、自分で刻んで好きなだけトッピングするというスタイルです。
余ったネギはそのまま置いておき、次のお客が使います。
足りなくなったら自分で取りに行くのです。

さすがに人気店になってしまい、回転率が悪すぎるのでこういうシステムはなくなったみたいですが・・・

 

いかがでしたか?
香川県には驚くべきうどん店がまだまだあります。
味は良いけどお店が古いのでお客に申し訳ないから、一切の広告や掲載を断るお店。
行列が近隣住民に迷惑をかけるのでGWなどのかき入れ時に、あえて休業するお店。

これだけ愛され続けるうどん県だからこそ、全国有名ラーメン店が出店しても太刀打ちできず、撤退してしまうのだそうです。
1杯100~150円くらいで本場のうどんですから、コスパ的にラーメンに分はありません。(ラーメン好きの方、すみません)
やっぱり香川県がうどん県のイメージから脱却することは不可能なのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

グルメ」カテゴリの人気記事