ママいつもお疲れ様♡今は大変だけど、この時間を大切に思える話。

ライフスタイル, 妊娠

可愛い我が子を前に、突然不安が襲ってきたりしませんか?
思うように育児ができなかったり、泣いてばかりの子供を見て自分が泣きたくなったり…

Twins brother baby crying
出典:http://mamari.jp

これがいつまで続くのかと途方に暮れてしまう日もあると思います。
誰にも褒めてもらえないけど、育児は母として当たり前のこと…
色んなプレッシャーの中で毎日頑張っているママへ♡

いつか手を離れていく日のことを考えてみると、今がとても大切に思えます。

そして先の事を考えると、少しでも気がラクになるかもしれませんよ♪

いつか最後の時がくる?!

こんな有名なポエムがあります。
世界中で拡散されている、涙することもあるというポエムです。
少し長いですが、読む価値はきっとあります。
image
出典:http://www.bellebebes.co.uk

『最後のとき』
あなたの赤ちゃんをその手に抱いた瞬間から、あなたはもうこれまでの自分ではなくなる。
元に戻りたいと思うかもしれない。自由だったあの頃に。特別心配事のなかったあの頃に。
今まで感じたことのない疲労感を知ることになるだろう。
同じことの繰り返しのようにただただ過ぎていく毎日…
ミルクを与えて、ゲップをさせて
オムツを替えて、また赤ちゃんが泣く
不満そして闘い
寝かせたり、寝足りないのかと考えたり…
まるで終わりなく永遠に続いていくものと思えてしまう。
でも忘れないで…
全てのことには終わりがあるということを。
子どもに食べさせてあげるのはこれで最後という日が来る
疲れてあなたの膝で眠る日があるでしょう。眠った子を抱きしめることの出来る最後の日が訪れる

ある日子どもを抱き上げ、降ろす。
そしてもう2度と同じように抱き上げる日は来ない
ある夜あなたはお風呂で子どもの頭を洗う
その日から子どもはもう1人でお風呂に入りたいと言い出すだろう
道を渡る時、あなたの手をにぎるだろう
でももう2度とその手に届かない日が来る

ある日の夜中、子どもたちが一緒に寝たいとあなたの布団に入ってくる
それがあなたの横で眠る最後の夜になる
ある日の午後、子どもたちと歌を歌って踊る
そしてもう2度とその歌を子どもたちに歌うことはなくなる
学校に送っていくと「行ってきます」とキスをしてくれる
次の日、もう1人で大丈夫だと言われる
寝る前に絵本を読んであげるのも、汚れた顔を拭いてあげるのにも最後のときがくる。
子どもたちが走ってあなたの腕に飛び込んでくるのも、必ず最後のときがくる。

その「最後のとき」がいつ来るのかはわからない。
そして例えその最後のときが訪れたとしても、あなたはそれに気付くまでにしばらく時間がかかるかもしれない。

だからもし、今あなたがこうした瞬間に生きているのなら
この時間はそんなに多くは残されていないことを覚えておいてほしい
そしてその最後のときを迎え、この貴重な時間が過ぎ去ってしまった後
またこれらの日々が愛おしく戻ってほしいと思うだろう
作者 不明

いかがですか?

自分の時間が取れずにイライラしたり、
疲れているのに抱っこをせがまれたりするのはとても辛いですよね。

だけど、これも今だけ。
今しかできない大切な時間。
育児で疲れたときに改めて読んでみるといいかもしれません。

ちょっと子育てが落ち着いたら何する?

我が家は子供がミルクを飲まなくなってからが、劇的に楽になりました。
よく泣き、よく飲む息子は、
甘えん坊で近くに姿が見えないと
ずっと泣き続ける子でした。

それが、1歳過ぎた頃ミルクをやめて食事も順調に進んだ数ヶ月後には
あれ?泣かなくなった?一人で遊んでる?!
と、色々気づくことが増え、夕飯の支度中もグズることなく待てるようになりました。

まだ生まれてから1年ちょっと…
こんなに成長してしまうんですね。

嬉しさと寂しさが入り交じりますが、
ふと子育てが落ち着いた時のことを考えてみました。

友人とランチに行きたい!
旦那とまったり過ごしたい!
ネイルサロンや美容室で女子力を!
好きなテレビを好きなだけ見ていたい!

もう挙げだしたらキリがありませんでした(;´Д`)

こんな妄想が気持ちを楽にしてくれるかもしれないです。
近い将来に実現できる日が来ることは間違いありません!

手を離れる

b5dc635839ed0259b97df29088a86847_s-1

出典:http://singlelife50.com

そんな日がくることは覚悟していますが、
先輩ママのこんな話を耳にしました。

『就職が決まり娘が家を離れて
1週間くらい経った頃、
仕事から帰ってきて泣いてしまいました。
未だに小さい時の写真やビデオは見れません。
小さい時は私の手でこの子の人生を守ってきたけど、
いつの間にか自分で道を作って、乗り越えて、
今は自分の足でしっかり歩んでいる。
それぞれの人生なんだなぁとしみじみ感じました。』

想像したら私もなんだか泣きそうになりました。

top05-1

出典:http://www.asyouwish.jp

いつまでも子供…そう思っていたのは親だけだったと痛感する出来事ですね。

早く手が離れることを望む反面、
実際は寂しさのが勝りそうな予感です。

いくつになっても
子供から手を離しても眼は離すな
この言葉を大事にしていきたいと思いました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 妊娠」カテゴリの人気記事