目からウロコ!子育てママ・パパが編み出した子育てをスムーズにする裏技!

ライフスタイル

5
出典:http://mamasup.me

日々子育てに苦労するママ・パパ。嫌がる子どもを保育園に行かせたり、夜の寝かしつけに苦労したり、薬を飲ませるのに苦労したり、日々四苦八苦しながら子育てをしていると思います。今回はtwitterで見つけたママやパパが生み出した子育て裏技をいくつか紹介します。

☆目からウロコ!子育て裏技!

①保育園・幼稚園に行くのを嫌がる子どもには…。

Toppagekakou1
出典:http://www.hoiku-kobe.or.jp

保育園や幼稚園といえば、お友達と触れ合えて楽しい場所…。だけど時々「行きたくない!」と言ったりしませんか?理由次第では無理に行かせる必要はありませんが、長期休暇明けの新学期となると、めんどくさくて行きたくないという子が結構います。そんな新学期に使える保育園登園術を紹介します。

これ!結構大事なことですよね。「先生大丈夫かな?」とか「うまくなじめるかな?」など不安に思っていると、子どもには伝わってしまいます。ママやパパが楽しそうにしていたり、「何して遊ぶのかな~♪」とわくわくしていれば、子どもも行きたくなります。心配になる気持ちはわかりますが、広い心で保育園に送り出してあげましょう。

進級でクラスが変わってしまって、「行きたくない」というお子さんいますよね。これはじつは「分離不安症」というものだそうです。このような子は「行きたくない」という気持ちを周囲に伝えることで不安を解消することができるそうです。このユーザーさんは知らないでやっていたそうですが、お子さんの性格を把握していないとできないことですよね。

②寝かしつけられないとき…。

1103104119811031041198
出典:https://amanaimages.com

子どもの寝かしつけ。それは小さなお子さんを持つママ・パパが苦労する一つですね。テレビを見たがって寝なかったり、興奮して寝れなかったり、寝かしつけに苦労するママやパパが多いのではないでしょうか。そんな寝かしつけに役立つ裏技も投稿されています。

子どもって純粋だからものに顔をつけたら結構信じちゃうんですよね。テレビに寝顔をつけることで、テレビもおやすみって納得してくれていいですよね。テレビが見たくて寝ないお子さんには効果てきめんかもしれませんね。

寝かしつけていたら自分が寝てしまったという経験があるママやパパはいませんか?そんな「寝かしつけオチ」を利用して寝かしつけるという裏技。大好きなぬいぐるみを寝かしつけるように言うと、子どもも寝てしまう。羊を数えるよりずっと効果がありそうですね。

③薬を飲むのを嫌がるとき…

1470726149_1
出典:http://woman.excite.co.jp

子どもが風邪をひいたりすると、薬を飲ませる機会がありますが、お薬を嫌がるお子さんもいますよね。服薬ゼリーで飲ませようとしても、薬の袋を見ただけでいやという子も。そんなお薬を嫌がるお子さんへ飲ませる方法を投稿しています。

みんなのヒーローアンパンマンの顔を書いておくという方法。アンパンマンといえば、お腹を空かせた子に自分の顔をあげるたり、いたずらをするばいきんまんを懲らしめたり、みんなのヒーローです。そんなヒーローを書いてあげることで、「アンパンマンが書いてあるからとてもいいものだ」と認識して飲んでくれるようになるそうです。画力があれば、仮面ライダーとかでも「飲めば仮面ライダーになれる」と錯覚してくれるかもしれませんね。

④子ども3人を東大に送り込んだママがいうことに納得…

IMG_3621-e1450620775535
出典:http://fukuokame.jp

子どもに勉強をさせて、良い高校、良い大学に入れたい…。これはどこご家庭のパパとママも思うもの。Twitterのユーザーさんが3人の子どもを東大に入れたママから聞いた話がtwitterに投稿されて、思わず目からウロコになっています。

確かに筆圧が強いと書いているうちに疲れてしまうので、ノートをとるのが億劫になってしまうのですよね。筆圧を矯正することで、ノートを摂るようになるというのは理にかなっていますよね。「筆圧が濃いとその分印象に残りやすい」と書いている人がいますが、確かに薄い字よりは濃い字のほうが印象に残りやすいので、その場合はHBではなくBや2Bなどを使えばいいのではないかと思います。

☆いかがでしたか?

cb0612d95fa222a338decff5bcb2f2f4
出典:https://madcity.jp

子育ては毎日が試行錯誤。あれこれやって、少しでも効率的に子育てをしようと日々努力をするもの。試行錯誤してわかった子育ての裏技をSNSで共有することで、他のママやパパも子育てを効率的にすることができます。現在子育ては「孤独」と言われがちですが、SNSで悩みやわかったことを共有することで、孤独感もなくなるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事