もうイヤ!LINEグループをリアルで気まずくならないように抜ける方法判明!

エンタメ, ライフスタイル

LINEは便利!

line-group-phone-call-0001
出典http://plus1world.com

大抵の人はLINEを使っている昨今、多くの人の生活になくてはならないツールの1つとなっています。

確かに便利です。

簡単にメールのやり取りはできるし、無料通話もできます。

グループでチャットできるのも、一斉メールなどでみんなに連絡する必要がなくなって、とても便利です。

でも、便利な反面、面倒くさいこともけっこうあるのがLINEです。

特に、LINEグループは、勢いで入ってしまったものの、会話の内容にストレスを感じたり、あまりの通知の多さにうんざりしたりすることも少なくはありません。

LINEグループを退会すると

3-01
出典http://appllio.com

現状では、LINEグルーブを退会すると、「○○が退会しました」と画面上にメッセージが残ります。

これを回避する方法はないようです。

だからこそ、多くの人は、グループを退会したいけど、リアルで気まずくなるのも嫌だからなかなか退会できないのです。

でも、本来SNSは生活を楽しくするためのものです。

LINEだって、便利で楽しむためにあります。

ストレスを感じるくらいなら、思い切って退会することをおススメします。

LINEグルーブをスマートに抜けるには?

human-439149_960_720

LINEグルーブを抜ける方法はいくつかあります。

できれば次に会った時に気まずくならないように、自然な形で抜けたいものです。

それには、理由が必要です。

忙しくなった

london-692137_960_720

「忙しくなった」というのは、最強の理由です。

退会する前に、徐々に忙しいアピールをしつつ、退会の機会を伺いましょう。

「最近、仕事が忙しくなって、チャットをゆっくり見る時間がとれなくなったし、返信できないのも悪いから」

「子供の習い事の送迎が忙しくて、なかなかグルーブチャットに参加できないし・・・」

などなど、様々な理由が挙げられます。

ポイントは、具体的に忙しい理由を挙げることです。

漠然と「忙しい」と言ったら、取ってつけた言い訳のようにしか聞こえません。

このとき、「他のグループも退会させてもらっている」と付け加えるのもポイントが高いです。

自分たちのグループだけじゃないんだ、と気持ちが和らぎます。

LINEをやめることにした

woman-1150568_960_720

思い切って、LINE自体をしばらくやめるのも手です。

これは少しターゲットを他のグループにずらして正直に現状を語るのも有効です。

「他のグループからの通知があまりにも多くて困っている」

「他のグループの会話内容にストレスを感じるようになって」

LINEグルーブのせいにしたくないのなら、迷惑メールのせいにする方法もあります。

「迷惑メールがあまりにも多くて困っている」

「復活したらまた入れてね」と言っておいて、ひっそりとフェイドアウトしていくのもいいでしょう。

ただ、LINEをやめると、不都合がある人にはあまりお勧めできない方法です。

でも、思い切ってやめることで、通知がなくなってストレスから解放されるかもしれません。

彼氏や夫、家族のせいにする

OK88_mahura-samui20141221141119_TP_V

彼氏や夫のいる人は、彼らや家族のせいにする方法もあります。

「ダンナに、スマホばかり見てないで子供の相手をしろよ、と言われた」

「彼氏がそういうの嫌いだから」

「最近グループが楽しすぎて、ついスマホばかり触ってしまって、家のことがなかなかできなくなってしまった」

恋人関係や夫婦関係、家族関係にヒビが入ってしまいそうだとアピールするのです。

これに文句を言える人は、なかなかいないでしょう。

まとめ

tulips-708410_960_720

LINEグループを抜ける理由は様々につけることができますが、やはりリアルの人間関係が気まずくなるようなら、通知オフにしておく方法もあります。

LINEの設定でそれもできるので、どんなにグループが賑わっていても、あなたの携帯に通知がいくことはありません。

気にならないのなら、それも1つの方法です。

また、理由をつけるのも面倒なら、会話が賑わっているときにどさくさに紛れて退会してしまう方法もあります。

ログがどんどん流れていくので、「退会しました」のメッセージも流れてしまって目立たなくなります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ, ライフスタイル」カテゴリの人気記事