一度は読みたい“人生を変える一冊” 話題の名作4選。

エンタメ

一冊の本との出会いが人生を変えることもしばしば。

多くの人が感動し、価値観や人生が変わったと評判の本をご紹介します。

秋の夜長に、読書はいかが?

読書 人生 本 小説
出典:http://renote.jp

『アルジャーノンに花束を』

アメリカ合衆国の作家ダニエル・キイスによるSF小説。

日本でもこの小説はドラマ化され、ユースケ・サンタマリアさんや山下智久さんが主演をつとめました。

” target=”_blank”>詳細はこちら

~ あらすじ ~

32歳になっても幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイ・ゴードン。そんな彼に、夢のような話が舞いこんだ。大学の偉い先生が頭をよくしてくれるというのだ。この申し出にとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に、連日検査を受けることに。やがて手術により、チャーリイは天才に変貌したが…
超知能を手に入れた青年の愛と憎しみ、喜びと孤独を通して人間の心の真実に迫り、全世界が涙した現代の聖書(バイブル)。

出典:https://www.amazon.co.jp

「人の人生を凝縮させた作品」


「人間の価値を考え直すきっかけに…」


「人生、家族について考えさせられる」


「読まない人は人生損!!」

 

『スロウハイツの神様』

辻村深月による小説。

詳細はこちら
~ あらすじ ~

人気作家チヨダ・コーキが、ファンによる殺人ゲームにより筆を折ってから10年。「コーキの天使ちゃん」によって復活を遂げたチヨダ・コーキは、新人脚本家・赤羽環に誘われ、彼女がオーナーを務める「スロウ・ハイツ」に入居し、クリエーターを志す狩野たちと暮らし始める。加々美莉々亜の存在から変革を始めていたスロウハイツでの生活は、ある日、一通の郵便が環の手に渡ったことで大きく揺れ始める。

出典:https://ja.wikipedia.org


涙・・・


「大人の思想」

「最後に全部繋がる!!」


「もう一度 読みたくなる」

 

『放課後の音符』

山田 詠美による甘く切ない恋愛小説。

詳細はこちら

~ 本の内容 ~

大人でも子供でもない、どっちつかずのもどかしい時間。まだ、恋の匂いにも揺れる17歳の日々―。背伸びした恋。心の中で発酵してきた甘い感情。片思いのまま終ってしまった憧れ。好きな人のいない放課後なんてつまらない。授業が終った放課後、17歳の感性がさまざまな音符となり、私たちだけにパステル調の旋律を奏でてくれる…

出典:https://www.amazon.co.jp


「登場する女の子に憧れ♥」


「心のビタミン剤」

心のビタミン剤となります。10代の少女向け雑誌に連載されていた小説だけど、大人になってから読み返しても、良いです。ストレスが溜まった時など、ゆっくりした気持ちでこの本を読むと、心の中が掃除されていくようです。特に唖の少年と恋に落ちる女の子の話が秀逸。幾つになってもamy先生の描く女の子の気持ちを持っていたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp


「高校生の頃に読みたかった」

高校生の頃に読んでいたら、今とは違う人生だったのかもなと思いました。もっと時間やお金をたっぷり無駄遣いしておけばよかった。この本を読んでいたら、もっと大人っぽい雰囲気を出すことでモテてたかもしれない。この年代の大人っぽい雰囲気を持つ女の子って、永遠の憧れだなーと思いました。

出典:http://bookmeter.com


「わが子に贈りたい」

子どもが、できる前から、わが子に、送りたい本の一冊です。友達の娘さんにも、送りたいと思って購入する予定です。
自分探しのお手伝いをしてくれる本だと思います。

出典:http://bookmeter.com


「読書しない方にもおすすめ」

 

『薔薇の名前』

ウンベルト・エーコが1980年に発表した小説。

詳細はこちら
~ 本の内容 ~

中世イタリアの修道院で起きた連続殺人事件。事件の秘密は知の宝庫ともいうべき迷宮の図書館にあるらしい。記号論学者エーコがその博学で肉づけした長編歴史ミステリ。全世界で異例の大ベストセラーとなった話題作。

出典:http://www.tsogen.co.jp


「価値観が変わる!!」


「これを読まずには死ねない」

オリジナルは1980年リリース。邦訳はかなり遅くて1990年1月25日リリース。ミステリーの世界で孤高の存在である本作は、ミステリー読破を目指す者にとっては百名山の如く、踏破せずには死ねない一冊とされ、読了後、その思いはますます深まった。

出典:https://www.amazon.co.jp


「いい意味で裏切られる」

「週刊文春」20世紀傑作ミステリーベストテンで堂々の第2位。しかし本書を純粋なミステリーや推理小説だと期待して読むと、いい意味で裏切られます。

出典:https://www.amazon.co.jp

本 読書 人生を変える 小説
出典:http://zaitaku-webnohito.hatenablog.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事