「二人目を授かった!」職場に報告するときに気を付けたいこととは?

妊娠

仕事に育児に忙しく過ごしている中、二人目を授かった。家族が増えるのはとっても嬉しいことだけど、現実的な事が沢山見えてきて、手放しに「うれしい!」と言えない・・・。

一人目を育てながら仕事をしていると、仕事と育児、家事の両立。さらには産休、育休取得のタイミングや、職場への報告・・・と考えるだけで沢山のタスクが目の前に現れ、それについて考える時間が増えると思います。

m1
出典:https://youtu.be/

特に、上司や同僚への報告はなかなかデリケートな問題ですよね。

1)すでに一人目育児にあたって時短勤務や、早退、残業を減らすなどの勤務形態をとっているけれど、この先の働き方をどうするのか

2)「また産休をとるの?」と言われ(思われ)てしまうかもしれない

3)自分の体調のこと

決して「迷惑をかけている」とは思いたくなくても、同僚に頼る部分や、上司に配慮してもらうことが多くなる分、円満に報告するには・・・と悩むことがあると思います。

職場に二人目報告をするときに考慮する点を、上記、1~3までの心配事に沿って、一つずつ見ていきましょう。

1、今後の働き方について

まずは現状を把握し、無理のない範囲で働くためのプランを自分で考えてみて、予定を立てる事をおすすめします。

一人目の産休、育休がどの程度の期間取得できていたのか。その中で自分はどのくらい何ができたのか、どうすればよかったのか(職場に遠慮して短期間で育休を終えてしまった/もっと早く職場復帰できた、など)を整理するといいと思います。

m2
出典:https://youtu.be/

とはいえ、自分一人のことではないので、予定外のことが起こることはあるとは思いますが、一人目の時のことを参考に、大まかなプランを立てることで「自分はこうしたい」と伝えやすくなるのではないでしょうか。

勤務形態についても、”時短勤務”だけでなく、オフピークに出勤をする”時差勤務”など、会社の制度として使えるものの確認をしていきましょう。

使える制度については、他の育児をしている社員や、育児経験者の先輩社員に相談しながら、どの程度利用していくのかを考慮するといいかもしれません。

2、同僚、上司との関係について

二人目の報告に関して、ややこしいのがこの人間関係だと思います。

仕事をするための場所なのだから、人間関係は考慮する必要はない、とはいかないのが難しいところですよね。

同僚
出典:http://irorio.jp/

相手に子供がいる場合は、子育ての大変さや、体調管理の大変さというのは共感出来る分、応援してくれる場合もあると思います。けれどあまりに「大変さ」を伝えすぎて、権利を主張しすぎると、「自分も育児をしながら頑張っているのに」と反感を買ってしまう事もあるかもしれません。

自分の状況を客観的に判断して、建設的な話をメインにした方が、同じ育児を頑張っている社員同士の情報交換ともなり、関係も良好なままでいられると思います。

上司に対しては「実現可能な今後のプラン」を提示することで、信頼を得ていきましょう。

danshinri
出典:https://thechange.jp/

漠然と「妊娠したけどがんばる!」と伝えられても「がんばるって、なにを?」となりますよね。

具体的に”一人目の子供が体調不良の時はこういった対応を予定している”であるとか”今の自分の状況を鑑みて、この責任範囲で仕事をしたい”であるとか「仕事に対して、責任を持つ意思がある」ことをわかりやすく伝えることで、復帰後に向けて信頼を得ることができるのではないでしょうか。

3、自分の体調について

img
出典:http://www.bridge-im.com/

まず、一人目の妊娠時の体調はどうだったのか、仕事への影響はどうだったかを思い返してみましょう。

一人目の時、切迫早産気味だったという方や、体調を崩しがちだった、という方は早めに産休に入りたい旨を伝える、急な産休に備えて長期的な仕事や引継ぎのある仕事について、見直しをしてほしい事を伝える、などしっかりと対応することが大切です。

これから増える家族のために、円満に伝えたいですね

m3
出典:https://youtu.be/

育児をしながら働ける職場だからこそ、産休や育休、復帰後のことも円満に行いたいですよね。

一番大切にしたい家族のことを考えながら、可能な限り実現できることを選んで報告できるよう、何を最優先にしたいのかを明確にすることが大切だと思います。

二人目妊娠後の日々が、無理なく穏やかに過ぎていくといいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

主婦7年目のアラサーです。 楽しいこと、面白そうなこと、おいしいものが好きです。 楽しんで読める記事を目指して頑張ります。

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事