妊娠したら知っておこう!子育てにかかる費用はどれぐらい?

ライフスタイル

shutterstock_126133112 (1) (1)
出典:http://matome.naver.jp

赤ちゃんを出産するにあたって、やはり気になるのが「この子を立派に育てるためには、どれぐらいのお金が必要なのだろう?」といったお金の問題です。

親なら考えておきたい子育てにかかるお金について、頭の痛い問題ではありますが、知っておきましょう。

誕生から大学卒業まで養育費平均1,640万円

shutterstock_335493116 (1)
出典:http://switch-kosodate.com

子どもを育てるために必要な費用である養育費の平均は1,640万円と言われています。これはあくまで養育費なので、学校などにかかる教育費は含まれていません。
hyou-1 (1)
出典:http://benesse.jp
養育費に関しては、まとめて出ていく費用ではないので、日々の生活の中で消費する費用になります。改めて貯蓄しておかなくては!といった必要ではありません。もちろん家計の状況により変わってきますので、ボーナスや日々の貯蓄をきちんとためておけば、そこから負担することもできるでしょう。

数字にしてみてみると、思っていたよりかかるんだな~といった印象ですよね。そこに教育費がかかってきます。大学まで進学するとなると、大きなお金が動くことになりますので、そちらの方は、やはりしっかりと貯蓄して確保する必要がある費用になります。

教育費は公立か私立か、進路によって違う

normal (1)
出典:https://upin.jp

教育費は、子どもがどういった進路を歩むかによって大幅に変わってきます。公立か私立か、理系か文系か、または受験を小学校からするのか中学校、高校でするのか、など家庭の状況により違いがあります。
hyou-3 (1)
出典:http://benesse.jp
すべて公立に通う場合とすべて私立に通う場合を比べてみても、相当な違いがあることがわかります。これは高校3年間までの教育費ですので、大学に通う場合は大学4年間の分が加算されます。
hyou-4 (1)
出典:http://benesse.jp
だんだんと頭が痛くなってきますが、私立理系の大学にいった場合は最も高くなることがわかります。ここにはありませんが、薬科大学や歯科大学など医療系の大学には6年間通学しなければいけない学部もあります。そういった大学に通った場合はさらに高くなります。具体的な金額ですと、例えば私立の医・歯系大学に6年間通った場合の教育費は2,965万円になります。

養育費+教育費の総額は?

hyou-5 (1)
出典:http://benesse.jp

養育費と教育費の平均を合計した金額です。ここにはありませんが、大学院に通う、大学に通うために親の世帯とは別に部屋を借りる、などの状況ですと、金額はさらに跳ね上がります。

小学校から大学まですべて国公立に通った場合で養育費と教育費の合計が「2651万円」、すべて私立に通い、大学が私立の医・歯系大学の場合では養育費と教育費の合計は「6283万円」となってきます!

高校卒業までにある程度の貯蓄をしておこう

sotsugyo (1)
出典:http://xn--lckh1a7bzah4vue0841derqa.com
養育費と教育費の合計をみてしまうと、ちょっと恐ろしくなってきてしまいますが、これだけの金額をためておかないといけないわけではありません。

中学在学中、すくなくとも高校卒業までにためておく必要があるのは、大学にかかる費用になります。費用がきびしい場合でも、奨学金などを利用する手もあります。

考えすぎると不安になってきますが、日々少しずつ貯蓄をして行くことは、やはり子どもの将来のためにも必要なことではあります。学資保険や積立などを上手く活用して、子どもの将来に備えましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事