【最新】トレンドチークで変わる♡愛され顔になるポイント4つ

ファッション, 美容

チークの色や位置で印象はとても変わりますよね。

2015年に流行した“おフェロ顔”と呼ばれる血色メイク。
頬の高い位置にチークを入れて、湯上りのようなメイクが話題を呼びましたが、徐々に収束気味のようです。

さて、2016年秋のトレンドメイクはどうなのでしょうか?
愛され顔になりたいアナタ必見です♡

ハート型チーク♡

image
出典:https://www.cosme.net
ハート型にチークを入れると、
キュートさが増すだけでなく、小顔効果もあります。
また、気分も上がりますよね♡
どの輪郭にも合う入れ方です。

チークの入れ方
頬の高いところにブラシを置き、ハートの谷を描くように少し下へ下げます。そこからまたこめかみに向かって持ち上げるように描く。
ブラシは太め、パウダーチークを使うことでふんわり仕上がります♡

ヘルシー&ナチュラル3Dチーク

1c890679be636d068af00f09e0728e39
出典:https://i-see.in
ナチュラルなチークは愛され顔の定番!
今シーズンはヘルシーさをプラスして紅潮感、艶やかさを出した3Dメイクがトレンドです。
シェーディング効果もあって小顔に♡

チークの入れ方
チークをブラシに取って、もみあげ~口角に向かって斜めに入れる。
オレンジ寄りのブラウンチークがおすすめです。

大人色っぽ顔チーク

kZ3U1TsYS02nupg
出典:http://lily.today

色っぽ顔に見せるためにはチークを入れる位置がカギです。
落ち着いた印象で色っぽさも感じる、まさに大人のチーク。
いかにも入れました!という風にならないのもポイント。
チークの位置を頬骨より下に入れることで、さらにイイオンナに♡

チークの入れ方
頬骨より少し下の位置から
シャープなラインを描くように外側から内側へ、
斜め下に向かってスッと入れる。
骨格が際立つので、小顔効果もあり。
チークは付けすぎず、あくまで自然にです。

骨格チーク

06fe7147a8cd007b418a3f50b92a8cc2
出典:http://more.hpplus.jp

目の下に入れるチークや血色メイクは可愛いけど、ちょっと取り入れづらいな…
と思っていた人もこれならできる!
小顔効果もあって大人可愛い印象に♡

チークの入れ方
一般的には頬骨のラインに沿って入れます。
笑ったときに膨らむ位置にブラシの先を置いて、こめかみ位置まで軽く力を抜きながらスッと頬をなでるように描く。

またブラシを流す方向を、こめかみではなく耳位置あたりの下めにすることでフェミニンな印象になります。

SNSでは?

使う色で赤ちゃんぽさにも変化するんですね!
下めに入れるのはやはりトレンドです。

ピンク系チークは可愛い印象になりますが、秋メイクということでオレンジ・ベージュで落ち着いた大人の印象になりますね!

メイクは輪郭や似合う色など人それぞれではありますが、
いつも同じようなパターンになりがちではないでしょうか?

印象が変わったり、気分も変えてくれるメイク。
ぜひこの秋、トレンドメイクを取り入れてみては♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ファッション, 美容」カテゴリの人気記事