手抜き?いやいや、主婦の知恵!パパッと片付く洗濯術とは

ライフスタイル

201707-13

何日分かまとめて片付けてしまおうと思っても、干すのもたたむのも大変……。

すごく時間がかかるわけではないけれど意外と億劫に感じてしまう日々のお洗濯。

あなたの毎日を少し楽にする裏技を紹介します。

たたむ必要はある?

E6B497E6BFAFE789A9
出典:http://hotnews-trend-value3.blog.so-net.ne.jp

洗濯して、干して、たたむ、という工程の最終段階を丸ごと省いてしまうという発想もあります。

面倒くさがりな人には「たたむ」作業がいちばん嫌いという人も多いのではないでしょうか。

どうせまた広げるのだから、いっそのこと「たたまない」ことにしちゃいませんか?

シャツはハンガーごとしまう

fashion16
出典:http://josephuccello.com/

タンスにしまおうとするからたたむ必要が出てくると言えます。シャツは干したハンガーにかけたまま、吊るして収納しましょう。

着るときもタンスのひきだしの底から取り出す手間が省けます。吊るしておけば、しばらく着ていなかったシャツがシワだらけ……なんていうガッカリもなくなります。

img5460260372302
出典:http://auction.rakuten.co.jp

クリーニング屋さんや100円ショップのハンガーを大量入手しましょう。

タオルはカゴにポイッ

dscf8605
出典:http://rattan.cocolog-nifty.com

タオルがシワシワでも、誰も損をしません。他人に見せるものでもないので、洗ってあれば問題なし。

干した後はカゴなどにポイッと入れておくだけで良いと思いませんか?

バスタオルとフェイスタオルを分けるだけで十分です。

洗濯カゴごと干す

71AGlB6s6LL._SL1249_
出典:http://www.amazon.co.jp

靴下やハンカチなど、こまごましたものをピンチに止めて干すのは面倒くさいですよね。取り込むときもひとつひとつ洗濯バサミをはずす手間がいります。

そこで使うのが洗濯カゴ。シャツやタオルなどの大物を干し終わった後、カゴのフチに小物類をひっかけてそのまま置いておけば乾きます。

取り込むときもそのまままとめて室内に入れられてとても便利。

カーテンは濡れたまま使用

4936695873123
出典:http://www.cainz.com

定期的に洗わないと汚れが溜まるカーテン。サイズが大きいだけに干すスペースの確保が一苦労です。

カーテンは、カーテンレールに濡れたまま戻してしまいましょう。窓辺なので風も通しますし、邪魔にならずに乾燥できます。

冬の時期はお部屋の乾燥対策にもおすすめの方法です。

アイロンの代わりにドライヤー

53900602E
出典:http://www.shopch.jp

シャツのアイロンがけも面倒な作業ですね。シャツが濡れているうちにドライヤーの温風でシワを取ってしまいましょう。

きれいな折り目を付けることはできませんが、目立つシワを取るには十分です。

特に冬服で上にベストやカーディガン、ジャケットを着るのであれば、ピシッと全体のシワを取る必要なんてありません。

2015011920
出典:http://artroot.jp

忙しい主婦に、不必要な労力を費やす余裕はありませんよね。手抜きではなく主婦の知恵で、毎日のお洗濯をより効率化していきましょう。

参考はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事