主婦必見!洗濯の効率がアップする時短テク!

ライフスタイル

毎日やることがいっぱいの主婦。

洗濯は子供がいると特に増えがちですね。

少しでも時短して家事の効率アップを応援します!

大幅な時短

主婦必見~3

◎あまり汚れていないものは洗濯機のスピードコースを活用します。
また、すすぎ1回タイプの洗剤も水の節約のみならず時短に繋がるのでオススメです!

◎ハンガーをたくさん用意して、洗濯はハンガーにそのままかけて干します。
乾いたらハンガーごとクローゼットやハンガーラックなどにかけておしまい!
畳む手間がなくなります。

◎忙しい朝に便利なのが「タイマー機能」です。
夜寝る前に洗剤を入れ、朝起きるころ洗濯が終わるようにタイマーをセット。
朝起きてから洗濯機を回すよりも効率的!タイマー機能は大体どの洗濯機にもついていると思いますので、この機会に活用してみてください。

さて、ここからは効率アップの為のちょっとしたコツを紹介していきます。

分けて洗う

水を吸うと重くなるもの、タオルケットやシーツは別で洗うことがベスト。

脱水に時間がかかるからです。
また、タオルケットは衣類を毛羽立ちさせてしまうこともあるので、やはり別のほうが良いといえます。

洗濯物も洗剤も適量で!

時短01-400x300
出典:http://tsu31.xsrv.jp

洗濯物をぎゅうぎゅうに詰めてしまうのはNGです。
洗濯の機能が落ちてエラーになったり、汚れが落ちきらないことも。

洗濯物の量は8分目までにしましょう。

また、洗剤を多く入れると汚れが落ちる気がしますが、これも間違いです。

衣類に洗剤が残ってしまったり、余分な泡に反応して洗濯機を余計に回すことになりますので、適量を量って使用するようにしましょう。

洗濯カゴ干し

でた!ズボラ干し!

image
出典:https://locari.jp

吊るさない小物干しです。
靴下やハンカチなどの小物をひとつひとつ干すのは大変ですよね。

そんな時は!洗濯かごの縁に掛けて洗濯かごごと外へ出してしまいましょう。
取手をおもしにすれば強風でないかぎり吹き飛ぶ心配もありません。

取り込みながら畳む

140123abokado
出典:http://papimami.jp

洗濯を取り込むときに、多少時間があれば畳んでしまいましょう。
取り込むテンポのまま畳んでいけると、いつもより早く終わった!なんてこともあるかもしれません。
改めて畳む時間をもうけることが必要なくなるので、気分的にも楽になります。

あらかじめネットに洗濯物をいれておく

Unknown
出典:https://iemo.jp

靴下や下着など、他のものと混ざってしまうと干す時に大変ですよね。
脱いだら洗濯かごにいれるのではなく、靴下なら靴下のネットを置きそこに入れるようにします。これは家族の協力も必要ですが、干すときにグンと楽になります。

汚れた服は洗剤をつけておく

20130623161235_51c69fe30541c
出典:https://nanapi.com

汚れがついた服を放置しておくと、どんどん汚れが落ちにくくなってしまいます。
できるだけ早くつまみ洗いをするか、洗剤を汚れの部分につけてしばらく置いておきます。あとは、他の洗濯物と一緒に洗濯機でまわしてしまいましょう。
2度洗いする手間が省けますね。

洗濯は毎日のルーティンのひとつですが、

洗濯物の仕分け→洗濯→干す→畳む→しまう

この行程がけっこう大変なんですよね。

それぞれを少しずつでも時短して、自由な時間を手に入れてしまいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事