液体ミルクが解禁の動き…子育てはどう変わる?

ライフスタイル

9e6da33cc8555f7e7a190047c8e60a08 (1)
出典:http://seijiyama.jp
哺乳瓶に粉ミルク、そしてお湯…粉ミルクで育児をしている人は、外出時には大きな荷物を抱えてでかけなければいけませんよね。

そんな手間がいらない液体ミルクが注目を集めています。声が上がるようになったのは、熊本地震がきっかけになりました。近年、さまざまな災害に襲われている日本列島ですが、災害時でも哺乳瓶の消毒も不要、お湯もいらない液体ミルクは大活躍します。

解禁についてはいろいろな声があがっていますが、液体ミルクはどのようなものなのかを調べてみました。

赤ちゃんにはどう与えるの?

11975_04 (1)
出典:http://grapee.jp
液体ミルクは赤ちゃんに与えるのもとても簡単です。液体ミルクの容器を振ったら封を開けて、ニップルを取り付けるだけ。

粉ミルクのようにお湯は必要ありませんし、常温で保存できる点も便利です。熊本地震の際には、フィンランドのメーカー「ヴァリオ」が液体ミルクを無償提供したおかげで助かった赤ちゃんもたくさんいたのです。

海外では粉ミルク同様に、赤ちゃん用のミルクとして、どこでも購入できるメジャーなものなのです。日本でも気軽に購入できるようになれば、災害時だけではなく、普段の生活でもメリットを感じるパパやママも多いのではないでしょうか。

パパの育児参加にもプラスになる

normal (1)
出典:https://cuta.jp
泣いている赤ちゃんを待たせた状態で、粉ミルクを作る場合、粉をはかってお湯を用意して…と、赤ちゃんの扱いに慣れていないパパでしたら、焦ってしまいますよね。

封を開けて赤ちゃんに飲ませるだけの液体ミルクだったら簡単です。

液体ミルクが普及することで、母乳を与えることができないパパの育児参加も今まで以上に増えるかもしれません。

なぜ日本で発売されていないの?

c35d79ab5aee871de81ad8c99412df3c (1)
出典:http://macaro-ni.jp
日本では購入することができない液体ミルク。手に入れるためには、海外から輸入をするしか方法がありません。海外から液体ミルクを購入することは、決して法律で規制されているわけではありませんので、違法ではありません。Amazonなどでは、並行輸入されているものを購入することができます。

でも、やはり日本のメーカーで製造販売してほしいですよね。

液体ミルクに関する日本の安全基準が確立されていない点や粉ミルクの方が儲かるのでは?といった意見まで、日本で販売されていないことには、意見がさまざまです。

日本国内では、液体ミルクがあまり認知されていないことも理由のひとつなのかもしれません。しかし、このたびの震災で注目を集めたことで、国も重い腰をあげる決断をしたようですね。

子育ての負担が減ることに期待!

image (1) (1)
出典:https://mamanoko.jp
日本でも当たり前のように普及するようになれば、とっても便利な液体ミルクですが、やはり子どもを持つ親として一番にお願いしたいのは「安心・安全」ですよね。

日本でも解禁されるのでしたら、日本で暮らす赤ちゃんが安心して飲むことができて、健康ですくすくと育ってくれる液体ミルクを販売していただきたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事