あと何回親と話せるだろう?清水さんの「親とさよならする前に」に考えさせられる!

エンタメ

出典:http://nurse-senka.jp

厚生労働省が発表した2015年の平均寿命は、男性80.79歳、女性87.05歳とのことでした。
男女ともに過去最高を更新しています。
それでも人の寿命はいつか尽きるもの。それはあなたのご両親も同じことなんです。

そんなことは分かっていても、今日明日という可能性は低いので現実味を帯びて「両親とお別れする日」の瞬間を考えられていない人が多いのではないでしょうか。
そんなある意味幸せな私たちが考えるべきことをまとめた本があります。

「親とさよならする前に 親が生きているうちに話しておきたい64のこと」


本の詳細はこちら
これは清水晶子さんが書いた本です。
葬儀社に15年も勤めた清水さんは多くのトラブルを見てきました。
「親の死後、口座が凍結されお金が引き出せなかった」
「親がいつの間にか借金をしていた」
「親に隠し子がいた」

こういうトラブルを防ぐ方法はたった1つしかありません。
それは「前もって親としっかり話をしておくこと」です。

清水さんは自分自身の体験を元に、親の死語迷うことなく決断ができるようになるために必要なことを64項目ピックアップしています。
それらを分かりやすく6つの話題にまとめています。

①体・心の話

出典:https://upin.cdn-dena.com

親も自分の体調は言いたがらないかも知れません。
それでもできるだけ把握しておくことを清水さんは勧めています。
親に万が一のことがあった場合、体調のことをまったく知らないとしたらきっと子であるあなたは後悔するからです。

同様に親がどんなことを考えていたかということもしっかりと聞いておきましょう。屋がどういう最後を望んでいるか、遺された子たちはどういう風に過ごしていってほしいと願っているかが分かれば、死後の立ち振る舞いも自信をもってできるでしょう。

②病気・介護の話

出典:http://jiototensyoku.com

親が病気になる可能性は十分にあります。
それがガンのような治療に大きな決断が必要になるものだったり、認知症を発症したりした場合は、親に施す治療さえも判断ができない可能性が出てきます。

③お墓・お葬式の話

出典:https://upin.cdn-dena.com

お墓やお葬式の話を親とすることを縁起でもないとして避けることがありますが、これも絶対にしておいた方がよい話題です。
お墓は新しく建てますか?
お葬式の規模や内容はどうしたがっていますか?
このあたりをしっかりと計画しておかないと簡単に数百万円が消えてしまうこともあります。

④お金の話

出典:http://image.search.yahoo.co.jp

先ほどのお墓やお葬式の話と同様、お金の話もなるべくなら避けたい話題ではないでしょうか。
確かにその通りなのですが、貯金や財産がどのくらいあるのか、もっと言えば借金はどのくらいあるのか、そういうことを知っておかないと子であるあなたの計画も狂ってしまうことになるでしょう。

⑤相続の話

出典:https://www.souzokuhiroba.com

相続の話は相続内容も重要ですが、最も重要なことは相続権を持つ人間がどこにいるのかを完璧に把握することです。
隠し子、過去離婚した妻との間にできた子、遺産分割は相続人が全員そろわなければ協議内容も無効になります。
突然の第三者が登場してかき乱されることのないようにしておかなければなりません。

⑥実家の片付けの話

出典:http://tk.ismcdn.jp

家主が亡くなったわけですから、何らかの形で実家を片付けなければなりません。
何を捨て、何を残しておくべきか。
実現できるかどうかは別として、本人の意向はどうであったか、そういうことを事前に把握しておくことは極めて重要です。

いかがでしたか?
こういうことを急に切り出すことは難しいですよね。
親戚一同が集まる場や、テレビの特集などをあえて利用し、さりげなくきっかけ作りをしていきましょう。

何より焦りは禁物です。
落ち着いてゆっくりと解決していきましょう。
だからこそ、時間が必要なんですね。
本の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事