残念な現実!マタニティマークが危険を呼ぶことも

妊娠

マタニティマークとは?

maternity_mark
出典http://www.mhlw.go.jp

  • 妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。
  • さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。

出典http://www.mhlw.go.jp

飲食店や公共機関、自家用車などでよく見かけるマタニティマークは、2006年に厚生労働省が、デザインを公募して始まったマークです。

最近は、キーホルダーやバッチなどのタイプのものを、身に着けている妊婦さんも見かけられます。

母子手帳を交付するときに、自治体で配布するところが多いようです。

また、JRや大手私鉄の駅などで手に入れることもできます。

最近では、ハンドメイドなどでおしゃれなデザイン仕様になったマタニティマークも販売されていようです。

実は1999年に発表されていたマタニティマーク

bim-bagde
出典http://www.iikotozukan.com

日本初のマタニティマークは、実は1999年にフリーライターの村松純子さんによって発表されていました。

妊娠初期で、周囲に妊娠が分かりづらいときに、身につけて妊婦であることをアピールし、理解を得られやすくするためにと、考えられたものです。

最初は個人の活動だったマタニティマークは、口コミで自治体や病院、企業などに広がっていき、厚生労働省によるマタニティマーク公募のきっかけともなったのです。

マタニティマークの危険性

本来は、妊婦さんを大切にするための取り組みだったはずのマタニティマークですが、最近はマタニティマークを身に着けていたがために、危険な目に遭ったという事例もあるようです。

残念なことです。

マタニティマークを付けている人に対して反発する人も、悲しいことですがいるようです。

マタニティマークに反発する人の意見

反発する人の意見としては、「妊娠は病気じゃないのに特別扱いはおかしい」「電車に乗るべきじゃない」「なぜ妊婦を優遇するのか」など、あたかも、妊娠している女性は、自分の意志で子供を持つことを決めたのだから、自分で責任を取ればよい。自分には関係ない、他の人に迷惑はかけるな!と言っているような意見が目立ちます。

出典https://koipit.com

反発する人は、誰から生まれてきたのでしょうか?

そのことを考えたことがあるのでしょうか?

マタニティマークの現状

500x0_5656a8a4-5020-4be3-9943-4e880a010067.jpg
出典http://hugooo.jp

マタニティマークを身に着けていたがために危険な目に遭うこともあるという現状では、安易につけることもできません。

普段は目立たない場所に着けておいて、公共機関などで座っている時や、もしも気分が悪くなった時などに、表に出すようにするという使い方をする人も多いようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事