昼と夜。赤ちゃんは違う場所で寝かせたほうがいいらしい!!

妊娠

生まれたばかりの赤ちゃん。
朝から夜まで、とにかくよく寝ます。
月齢が低いほど、たくさん眠ります。

寝ている赤ちゃん お昼寝
出典:http://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net

赤ちゃんは産まれたばかりの頃は、昼と夜の区別がついていなく、
まとめて長時間寝ることができません。
赤ちゃんは寝ることで体が成長していきますし、
寝ないと体力が持たないのだそうです。

月齢が上がっていくと、夜もしっかり眠れるようになり、
お昼寝時間もどんどん減ってきます。

そんなお昼寝と、夜の睡眠。
同じ場所で寝かせないほうがいいというのはご存知ですか?

赤ちゃんの寝る場所は、昼と夜で変えたほうがいい理由を紹介します。

昼と夜の区別をつける!!

お昼寝をしている赤ちゃん
出典:http://news.ameba.jp/

お昼寝の時にも赤ちゃんが寝やすいようにと、
カーテンを閉めて暗い部屋で寝かせていませんか?

確かに暗いほうが寝やすいですが、
夜寝る時も暗い中で寝ますから、
続けることで昼と夜の区別がつきにくくなってしまうことがあるのだそうです。

昼と夜の区別がつかなくなってしまうと、
夜でも目がぱっちりと覚めてしまうことが多くなったりして、
ママの睡眠不足にもつながってしまいます。

昼は明るく、夜は暗く!!!

ねむっている赤ちゃん

出典:http://www.thecradlecoach.com/

昼と夜の区別をつけやすくするためには、
お昼寝のときにはカーテンを閉めず、明るい場所で寝かせましょう。
ベットルームではなく、リビングにお布団を敷いて、
寝かせるのもいいようです。

それと反対に、夜寝る時には、とにかく暗くしましょう。
月齢の低い赤ちゃんは、長時間続けて寝ることが難しく、
夜中も何度も目を覚ますことがありますが、
その場合にも、電気はつけないほうがいいようです。
電気の光は、成長ホルモンの分泌を妨げたり、
睡眠リズムを乱してしまうのだそうです。

おむつ替えや、夜中の授乳もできる限り暗い中でするのがおすすめです。
何も見えずに不便な場合には、小さなライトを使うなど、工夫しましょう。

また、夜寝かせる時には、しっかり寝室で寝かせましょう。
テレビを見ながら授乳してリビングで寝かせるというママもいるかもしれませんが、
テレビなどの電気も赤ちゃんの刺激になってしまいます。
夜は寝かせる時間を決め、暗い寝室で寝かせるといいようです。

朝は光を浴びさせよう!

カーテンを開ける女性
出典:http://footage.framepool.com/

昼と夜の寝かせる場所を区別することで、
赤ちゃんの睡眠リズムが整いやすくなるといわれています。

そこで、もう一つポイントです。
朝は光を思い切り浴びさせることです。

太陽の光を浴びると、メラトニンというホルモンがリセットされます。
メラトニンは、赤ちゃんの睡眠をつかさどるホルモンなので、
朝、メラトニンがリセットされることで、
夜になると自然に眠くなるのです。

こうしていくことで、だんだんと夜たくさん寝て、
昼は起きる時間が増えるという、睡眠リズムが整ってくるのです。

夜何度も起きて眠いので、赤ちゃんがたくさん寝てくれると
ママも一緒に寝ていたくなるところですが、
起きる時間も決め、頑張って起きましょう。

ママと赤ちゃん 笑顔
出典:http://www.welovefamily.at/

寝ている間は、成長ホルモンが分泌されています。
昼も夜も分泌されているものなのですが、
夜に分泌される成長ホルモンは、長時間分泌されますし、
生活リズムを整えてくれます。

慣れない生活でママも大変かと思いますが、
赤ちゃんの睡眠リズムを整えるためにも頑張りましょう!

ただ、赤ちゃんによっては、暗い場所でないと寝てくれなかったり、
少しの物音でも起きてしまう子もいます。
その場合は無理せず、その子に合った睡眠方法をとってあげてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事