「頭の良さは母親からのみ遺伝する」説が話題騒然!なにが真実なのか?

ライフスタイル

頭のいい子を産みたい!

boy-286240_960_720

頭のいい子を産みたい、と考えて、高学歴の男性と結婚しようとする女性は少なくないでしょう。

でも、このことに真っ向から反対する説が、いま話題となっています。

知性は母親からのみ受け継がれる

mother-1245764_960_720

問題の説は、アメリカの「サイコロジースポット」というニュースサイトに、ジェニファー・デルガド・スワレスさんという方が掲載した記事によります。

あなたは知性が母親から継承されていることをご存知でしたか?

という題名のこの記事には、子供の知性が、母親からの遺伝的要素にのみ影響されるという説が展開されています。

様々な調査結果や実験をもとに、そう結論づけるこの記事の説には、説得力があります。

驚くことに、父親の遺伝子からの影響は知性に関してはゼロなのだそうです。

つまり、頭のいい子を産むために高学歴の男性と結婚しても、意味はないということです。

母親の遺伝子は大脳皮質へ、父親の遺伝子は大脳辺縁系へ

anatomy-1751201_960_720

ラットによる実験では、母親の遺伝子は大脳皮質に直接向かい、父親の遺伝子は大脳辺縁系へ向かうことが分かったそうです。

脳の表面部分を大脳皮質と呼ばれ、前頭葉・頭頂葉・側頭葉・後頭葉と左脳、右脳の各部に分類することができます。(中略)人間の知覚、随意運動、思考、推理、記憶など、高次機能を司る人間が生きていくうえで必要な事柄の司令塔。

出典http://www.akira3132.info

大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)は、人間の脳で情動の表出、食欲、性欲、睡眠欲、意欲、などの本能、喜怒哀楽、情緒、神秘的な感覚、睡眠や夢などをつかさどっており、そして記憶や自律神経活動に関与しています。

出典http://www.akira3132.info

知性は母親から遺伝し、本能や情緒面、記憶や自律神経活動は父親から遺伝するということです。

自律神経とは?

自律神経とは、自分の意思とは関係なく、刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしている神経のこと。

出典http://genki-go.com

父親からは自律神経活動、つまり一般的には運動神経のよさを受け継ぐということです。

頭の良さは母親から、運動神経の良さは父親から

father-1576456_960_720

この記事の説が正しいとすれば、頭の良い母親と、スポーツマンの父親、というのが理想的なようです。

知性の40〜60%が遺伝性であることが推定

ただ、結果的に頭の良い子に育つかどうかは、生まれた後の環境や刺激などによるということも、記事では述べています。

頭の良い理由の約半分は遺伝で、残りの半分は、環境や本人の努力によるものということです。

でも、子供の育つ環境に、母親が密接に関係してくることを考えたら、やはり母親の影響は大きいといえるでしょう。

賛否両論

子供の“頭のよさ”は、遺伝といった先天的な要素よりも、教育や環境などの後天的な要素が大きいと見られている

知能に関して父親の遺伝子がオフになる(伝わらない)という説は、私は聞いたことがありません

出典http://www.crow404.com

海外でも賛否両論様々な意見が飛び交ったというこの記事は、日本でも反響が大きいようです。

知的な環境と本人の努力

i-am-a-student-1412778_960_720

様々な意見が出ていますが、いくら知性が高く生まれても、環境や本人の努力がなければ、頭の良い子には育たないというのが、大方の意見のようです。

子供を頭の良い子に育てるには、環境を整え、努力する習慣を身につけさせることが大切なようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事