「スーパームーン」って知ってる?11月14日に見られるスーパームーンは68年ぶりの大物なんだって!

エンタメ

出典:https://static.retrip.jp

地球唯一の衛星「月」
昔から満ち欠けを繰り返す月の美しさに心を奪われた人間は様々な月に神秘的な力を感じてきました。
日本でも「新月・半月・満月」など月の形に応じて様々な呼び名があり、それぞれが風情豊かなものばかりです。
そんなたくさんある月の異名の中でも一際目立つ「スーパームーン」って知っていますか?

「スーパームーン」って何?

出典:http://livedoor.blogimg.jp

「スーパームーン」とは月が地球に接近し、通常よりも大きく見える月のことをいいます。
一夜の中でも地球との距離が最短距離になる瞬間という物ものがあり、そこから前後1時間以内に満月や新月になるスーパームーンを特別に「エクストラ・スーパームーン」と呼ぶのだそうです。

スーパームーンが起こるワケ

出典:http://www.adcip.com

月は地球の衛星であるため、地球を中心に独自の軌道で公転しています。
しかし、この写真のようにその軌道はきれいな円ではなく、だ円状になっているのです。
そのため、常に地球との距離が変化しています。

当たり前の話ですが、地球から遠ければ月は小さく見え、近ければ大きく見えます。
ただ、これは月の満ち欠けとは関係ありません。

よって、地球との距離が近くなることで起きる「スーパームーン」が意外とたくさん起きているんですよ。
最近で最も大きなスーパームーンは2011年に見られたものだと言われています。
この年は地球と月との距離が356,577㎞だったそうで、いつもよりも大きなスーパームーンが観測されたのだそうです。

ところが、2016年のスーパームーンは地球との距離が、356,511㎞とのこと。
2011年のスーパームーンよりも大きくなると予測されています。
今年の超接近は実に68年ぶり。これは見逃せませんね!!

2016年のスーパームーンは11月14日!!

出典:https://i.ytimg.com

そんなわけで今年のスーパームーンは11月14日・・・まだ時間があるのでぜひみなさんスーパームーンをご堪能ください。
記念すべきスーパームーンを撮影したい人もいるでしょうが、その時はぜひ「月の出」を撮影しましょう。

ここまで散々「スーパームーン!!!」とご紹介してきましたが、実は肉眼で見るとそこまで強烈に大きさが違って見えるわけではないそうです。
こちらの比較をどうぞ。

cached出典:http://www.nao.ac.jp

というわけで、実際は「うわぁ~~なんだコレ?」と圧倒されるようなものではなく、「今日の月って何かいつもより大きくない?」というレベルなのです。
そのため、月が完全に上り切ってしまうと周りに大きさ比較をするものが何もない夜空なので迫力がなくなってしまうのだそうです。

そこで建物や山など、普段見ている光景の中にスーパームーンが入ることで「何か大きいね」と堪能できるわけです。
さて、それは一体いつのことなのか・・・

2016年11月14日 スーパームーンの出現時刻は・・・東京では16:40、大阪では16:59分

出典:http://eco.mtk.nao.ac.jp

「私は東京でも大阪でもないよ~~」とお嘆きのあなた。
大丈夫です。国立天文台のサイトでご自身の地域をクリックすれば分かります。
1分単位で月の出時刻が分かるサイトがコチラ。

国立天文台 各地のこよみ

いかがでしたか?
ちょっと時刻的に早いような気もしますが、出てからしぼむようなものでもないので、夕方薄暗くなることにはベストショットが拝めるかもしれませんね。
今のところは晴れるのではないかと予想されていますが、まだ先のことなので何とも・・・しっかりスーパームーンが見られるように神様にお祈りしておきましょう。


望遠鏡はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事