ディズニー映画実写版「美女と野獣」が美しすぎる・・・思わず息をのむエマ・ワトソンのドレス姿や野獣の姿を公開

エンタメ

2017年4月21日に日本公開予定の実写版「美女と野獣」。

1991年に制作されたディズニーアニメーション映画をもとに、ヒロインのベル役を「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー役で有名になったエマ・ワトソンが演じることでも話題となっています。

5月の段階で公開された予告編ではまだまだ謎の多かった本作

5月公開の予告編では、逆光に登場するベル、各キャラクターは声のみで「見て、女の子だよ」「見ればわかる、バカモノ」「もしかしたらあの子が・・・」と語り合い、ベルの「Hello?」の一声と”魔法のバラ”に手を伸ばす姿が一瞬だけ映り、予告編が終わるというドラマチックでミステリアスな演出でした。

これだけでも心躍るものがありますが、やはり気になるのが各キャラクターのビジュアルですよね。

今回は、エンターテイメント・ウィークリー誌より追加公開された「美女と野獣」の画像を紹介していきます。

ベル

エマ・ワトソン演じるベルのドレス姿です。

やわらかい表情と輝くような金色のドレスが印象的ですね。

#EmmaWatson looks simply enchanting as Belle in this exclusive #BeautyAndTheBeast photo. 😍✨ 📷: Laurie Sparham/Disney

A photo posted by Entertainment Weekly (@entertainmentweekly) on

黄色とは対照的なブルーのドレス。

飾らない衣装なだけに、そのままの美しさが際立ちますね。

ガストン

🎶 No one fights like Gaston! 🎶 #BeautyAndTheBeast #LukeEvans #Disney 📷: Laurie Sparham/Disney

A photo posted by Entertainment Weekly (@entertainmentweekly) on

ルーク・エヴァンズ演じるガストンの酒場でのショット。

ワイルド・スピードシリーズのオーウェン・ショウ役、ホビットシリーズのバルド役などで知られるルーク・エヴァンズですが、髪型が違うだけでずいぶん印象が変わりますね。

野獣(ビースト)

ダン・スティーヴンス演じる野獣とベルのショットです。

二人の距離感が絶妙ですね。どこか優しい雰囲気のある野獣です。

ちなみにダン・スティーヴンスさんの素顔はこんな感じです。かっこいい・・・。

bb
出典:http://www.instyle.com/

コグスワース/ポット夫人/ルミエール/フェザーダスター

ユアン・マクレガー演じるルミエール(燭台付蝋燭)や、イアン・マッケラン演じるコグスワース(時計)、エマ・トンプソン演じるポット夫人などそうそうたる顔ぶれが脇を固める本作。

この画像からはまだしっかりと各人の特徴が表れていることは確認できませんが、演じる俳優に顔が似ているように思いますね。

ベルの父・モーリス

ケヴィン・クライン演じるモーリスとベルのショット。

物語が始まるきっかけともいえる重要な役割を担うモーリス。写真に添えられた注釈によると、アニメーション版では発明家のモーリスですが、実写化にあたりその設定が変更されているそう。どんな風に変わっているのか気になりますね。

ガストンとル・フウ

Josh Gad as Le Fou and Luke Evans as Gaston in #Disney's #BeautyAndTheBeast remake make the perfect pair! 😄📷: Laurie Sparham/Disney

A photo posted by Entertainment Weekly (@entertainmentweekly) on

ジョッシュ・ギャッド演じるル・フウとガストン。

ジョッシュ・ギャッドは「アナと雪の女王」でオラフの声を務めたコメディ俳優。ガストンとのコミカルなやりとりが聞こえてきそうです。

ベルと野獣

そして見たかったのは、ベルと野獣のダンスシーン!

まるでアニメーションの世界から飛び出してきたような世界観そのままの美しい写真です。

公開が待ちきれない♡

bb2
出典:http://news.ameba.jp/

2017年4月21日に公開が決定した実写版「美女と野獣」。

公開が待ちきれませんね♡

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

主婦7年目のアラサーです。 楽しいこと、面白そうなこと、おいしいものが好きです。 楽しんで読める記事を目指して頑張ります。

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事