福岡市の陥没事故はケガ人ゼロの奇跡!すべては工事作業員の神対応!!

エンタメ

出典:https://pbs.twimg.com

11/8の早朝、福岡市のIR博多駅前で道路が約30m陥没する衝撃的な事故が発生しました。
原因は「市営地下鉄の延伸工事」とのこと。
この陥没した場所にはライフラインが通っているため、当然ながら大きな影響が出てしまいました。

運良く誰も通っていなかったよね!?

出典:http://livedoor.blogimg.jp

朝のニュースでこの衝撃的な事故を映像で見た方は、陥没の凄まじさとともに「車や人が誰も通っていないみたいで良かった」と思った方は少なくないでしょう。
実際、この道路陥没に巻き込まれた車や人はまったくいなかったそうです。
それどころか、ガス爆発や火事などの二次災害も起きませんでした。
いくら早朝とはいえ、大都市福岡市のJR博多駅前で”けが人ゼロ”という事実は、まさに「奇跡」と呼ぶにふさわしいものです。

あまり報道されていなかった事実

cached出典:http://spotlight-media.jp

今回の福岡市陥没事故で奇跡的にけが人がゼロだったことは事実のようですが、これは「運が良かった」という言葉で片付くようなものではなかったのです。
何よりも、陥没事故発生後の福岡市長のコメントがそれを物語っています。

陥没直接の人的被害が無かったのは、朝5時に施工業者が地下で出水を発見して、5時10分に通行止めにし、その5分後に陥没が起きたので人や車の通行が無かったという報告を受けています。

出典:http://ameblo.jp

このように高島市長はコメントしています。
地下鉄工事を進める作業員が地下水の流入を発見し、いち早く付近を通行止めにしていたんですね。

この迅速かつ完璧な対応には賞賛の声が!

確かに。こんな大通りの封鎖なんて簡単にできるようなものじゃないですけどね。

完了してわずか5分後に陥没が始まったなんて・・・
ちょっともたつくだけでもこのような展開にはならなかったはずです。

ミスが発覚することを恐れて隠蔽する案件も多くある中で、自分たちの保身ではなく正義感で行動する姿は本当に素晴らしいことですね。

いかがでしたか?
現在は大きな穴と大量に溢れた水の中に「流動化処理土」を入れています。
これは水を反応することで固まるもので、今後の工事を考えてしっかりした土に近い状態に戻すという復旧作業です。
ミキサー車約2500台分もの量が必要だと言われていますが、高島福岡市長のお話では、「11/14(月)には復旧を完了させたい」とのことです。

事故が起きてしまったことは大変残念ですが、けが人がいなく、復旧が迅速であることはすごいと言わざるを得ません。

そして、現在は既にこんな状況。
早い!!
スクリーンショット 2016-11-11 9.41.23

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事