洗濯表示が国際規格に変わる!12月からのスタート!その前にお勉強♪

ライフスタイル

洗濯表示が変わる!

clothespin-1234530_960_720

新しく買った衣類を洗濯するとき、多くの人はタグを見て、洗濯方法を確認し、その衣類に合った適切な方法で洗濯するでしょう。

これまでの洗濯表示は、JIS(日本工業規格)で決められた、日本国内だけで通用する表示が使われていました。

それが、今年の12月1日から、ISO(国際標準化機構)で定められた国際規格に統一されるのです。

暗号のようで複雑?

これまでのJISの22種類から、ISOの41種類に変わるので、これまでの約2倍の種類のマークで表示されることになります。

暗号のようで複雑に感じることもありますが、ポイントを覚えてしまえば、意外と簡単に理解できます。

まずは形を覚えよう

indextuika
出典https://allabout.co.jp

左側がこれまでの国内表示で、右側が、新しい国際表示です。

この形をまずは覚えましょう。

形さえ覚えたら、後はなんとなく想像がつく場合もあります。

水洗い洗濯マークは「たらい」に統一

これまで、水洗い洗濯マークは洗濯機の長方形のマークと、手洗いの「たらい」のマークに分かれていました。

それが、水洗いできる衣類というくくりで、すべて「たらい」のマークに統一されます。

その上で、手洗いの場合は、「たらい」に手のイラストが入っているマークになります。

水洗いができないものは、「たらい」の絵に×が入っています。

また、「たらい」の下には線が入り、衣類の強弱が表示されます。

漂白方法は「△」

漂白方法は、これまでビーカーの形のマークだったのが、「△」のマークに変わります。

乾燥方法は「□」

乾燥方法は、これまでハンガーで干してある衣類のイラストだったのが、「□」のマークに変わります。

この四角のマークにより、陰干しや平干し、乾燥機の使用の有無や温度などが表示されます。

アイロン方法は、これまでと同じアイロンのイラスト

アイロン方法は、これまでと同じアイロンのイラストなのですが、温度の高低が、「・」の数で表示されます。

クリーニング方法は「〇」

クリーニング方法は、これまでと同じ「〇」で表示されますが、中にアルファベットが入るなどして、これまでの3種類の表示から、9種類になり、詳しくクリーニング方法が表示されることになります。

「・」と「線」の意味

新しい国際規格の洗濯表示には、「・」や「線」が多く使われています。

あとは、この意味を理解すれば、新しい洗濯表示はバッチリ読み解けます。

「・」は多いほど高温で大丈夫な衣類

アイロンマークやタンブル乾燥のマークの中には「・」が1つから3つ入っています。

この「・」の数が多いほど、高温でも大丈夫な衣類ということになります。

「線」は多いほど弱い衣類

「たらい」マークや、クリーニングマークの下には、1本から2本の「横線」が入っている場合があります。

「線」の場合は「・」とは逆で、「線」の数が多いほど、弱く丁寧に洗わなければならない衣類ということなります。

また、自然乾燥の「□」のマークには、中に縦線と横線が入っています。

この場合、縦線は吊り干しを表し、横線は平干しを表します。

詳しくは以下の図をご覧ください

1

2

3

出典http://www.barcode-net.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事